結婚に関するアンケート調査 

2016年05月19日
クリエイティブジャパンは、「資料JP」上で、1000人を対象に実施した「結婚に関するアンケート」の結果を公開しました。

【ボイスノート】に登録するアンケートモニタで、20代以下から60代以上の各世代200人ずつ、計1000人にアンケートを実施。「結婚」について聞きました。

【アンケート結果】

・結婚の出会いのキッカケはどの世代も会社関係が最も多い

・未婚者の半数以上は「結婚したいとは思わない」

・「結婚したいとは思わない」理由は、「コスパが悪いから」といった経済的なもの


◆結婚のキッカケ、全世代ともに職場結婚が多い!
1000人のうち、既婚者は各世代併せて547人。
”結婚のキッカケ”を聞いたところ、「学生時代の友人」「合コン」「SNS」「ナンパ」など10項目の中で、全世代ともに「会社」が最も多い回答となりました。
1日のほとんどの時間を過ごすことになる職場での出会いが、結婚のキッカケとしては最も多くなるようです。

◆未婚の半数以上は「結婚しなくても良い」と思っている!
一方、結婚をしていない方は396人。
この方々に、「将来的に結婚をしたいか」を伺いました。
結果、「結婚したいとは思わない」が56.1%と半数を超えました。
20代女性・60代女性を除く女性と、男性は全世代において「結婚したいとは思わない」が多い結果となっています。(男女別の詳細な結果のグラフは、資料JP内で閲覧・ダウンロードが可能です)

◆結婚したくないのは、「コスパが悪いから」「面倒だから」
「結婚したいとは思わない」と回答した方に、『何故結婚したいと思わないのか』理由を伺いました。

結婚しても何もメリットを感じられない(20代男性)
無駄だから(20代女性)
自分には何の価値もないから、結婚相手として相応しくないと思う。したくないわけではないが、どうせ出来ないと諦めている(20代女性)
子供が生まれると大きくなって幼稚園とかの授業料が高くなるから(30代女性)
コスパが悪い(40代男性)
一人のほうが、自由だから(40代女性)
面倒だから一人のほうが落ち着く(50代女性)
扶養家族を増やすなどの経済的負担を増やしたくないから(60代以上男性)
(回答から一部抜粋)
経済的な面や、人間関係の煩わしさなどから結婚を魅力に感じていない人が多いようです。


【調査概要】
調査方法:インターネット調査
調査期間:2016年4月26日~28日
サンプル数 1000(20代以下、30代、40代、50代、60代以上各200人)

詳しいリサーチ内容はネタ元へ
 マイページ TOP