「女性の冷え」と「幸福度」に関する調査(『CanCam』『Oggi』読者の女性対象) 

2016年04月18日
小学館が運営する、女性インサイト研究所は、「女性の冷え」と「幸福度」に関する調査を行いました。その結果、冷えを自覚している女性ほど、恋愛や仕事において悩みをかかえていることがわかりました。「冷え」がもたらす人生の不調を識者により科学的に分析した結果をレポートします。

【調査結果】

【冷える人ほど悩んでる!「冷え不幸」の実態調査】
「冷え性」を実感している女子は恋愛も仕事もやる気が低いことが明らかに
『CanCam』『Oggi』読者の女性に、今悩みがあるか、付き合っている男性がいるか、仕事にやる気はあるかなど、女性の幸福度に関する調査をしました。その結果を冷え性と冷え性ではない人によって比較したところ、冷え性ではない人のほうが、冷え性の人に比べて幸福であると実感していることがわかりました。これにより、冷え性は、体調そのものだけでなく、仕事や恋愛などの「やる気」を左右していることが明らかになりました。

●あなたは冷え性ですか
 はい 82.5%
 いいえ 17.5%

●今、悩みはありますか
冷え性
 はい 88.8%
 いいえ 11.3%
冷え性
 はい 70.6%
 いいえ 29.4%

●彼氏はいますか
冷え性
 はい 52.5%
 いいえ 47.5%
冷え性ではない
 はい 58.8%
 いいえ 41.2%

●夏は仕事に対するやる気がでない
冷え性
 はい 92.5%
 いいえ 7.5%
冷え性ではない
 はい 88.2%
 いいえ 11.8%

●夏でも冷え性を実感することがありますか
 はい 78.8%
 いいえ 21.3%

■私の「冷え不幸」エピソード」
●付き合いたての彼と手をつないだとき、手の末端が冷えすぎていて「冷たいね」とそっと離されてしまった(21歳・OL)
●冷房が効いている社内では、ブランケットを上半身と下半身で2枚巻き。後輩に「ミノムシ」と呼ばれていることを最近知りました(27歳・事務)
●疲れと冷えで夕方になると体調が悪くなってしまう。残業が心身共にツラいです(営業・30歳)


【調査概要】
調査対象:『CanCam』『Oggi』読者の女性(n=219/平均年齢29.0歳)
調査期間:2016年3月11日~3月17日
調査方法:インターネットによるアンケート

詳しいリサーチ内容はネタ元へ
 マイページ TOP