第3回「仕事・会社に対する満足度」調査(20~49歳の男女対象) 

2016年02月26日
リスクモンスター(リスモン)は、第3回「仕事・会社に対する満足度」調査結果を発表いたしました。

【調査結果】

[1]「サラリーマンの悲哀」を感じさせる結果に!

毎年2月に発表しております「仕事・会社に対する満足度」調査。「仕事・会社に対する勤続意欲」は、前回同様「今後も勤め続けたい」(回答率63.7%)が「勤め続けたくない」(同36.3%)を大きく上回る結果となりました。

第3回となります今回は趣向を変え、自身の勤務先が「ブラック企業と思うか」との意識調査を加えたところ、「勤務先はブラック企業だと思う」は回答率24.5%となり、「勤務先はホワイト企業だと思う」の回答率75.5%を大きく下回ったものの、おおよそ4人に1人は自身が勤務する企業がブラック企業だと感じているという驚愕の結果となりました。さらには、男女別・年代別・未既婚別のいずれにおいても約4分の1がブラック企業と回答しています。

ブラック企業意識の有無と勤続意欲の関連性では、「勤務先がブラック企業だが、今後も勤めたい」が回答率33.3%と、3人に1人が自身の勤め先をブラック企業と認識しながらも勤め続ける意思を示しており、特に家庭を支えなければいけない40代や既婚者においては、その比率が4割程度にまで高まるなど、生活の安定や家族を守るために過酷な労働を享受するサラリーマンの悲哀を想像させる結果となりました。

[2]年収に応じて「仕事に対する意欲」も変わる?

勤続意欲についての年収別での調査では、「今後も勤め続けたい」と回答した割合は、年収が高くになるにつれて高まる傾向の中、年収300万円未満では年収300万円以上に比べて10ポイント以上も回答割合が低い結果となりました。

次いで、勤続意欲と出世願望の有無の関係性では、性別・年齢別・未既婚別のすべてのカテゴリにおいて、出世願望がある方が、勤続意欲が高い結果となったことから、出世欲は一つの会社に勤め続けていくための大きなモチベーションの一つとして捉えることができます。

さらに、年収と出世願望の関係性では、「出世願望なし」においては、約30%が「年収300万円未満」であったのに対して、「出世願望あり」においては、「300万円以上の全ての層」において、「出世願望なし」よりも構成比率が高い結果となりました。

これらの調査より、「高い出世意欲を持って、精力的に職務に取り組む人間の多くは、企業に評価されることで収入が増え、それを一層のモチベーションに変え、長きにわたって企業の繁栄に寄与する可能性が高い」ということが分かります。そしてその反対に、「出世意欲が低く、自らの職務に積極性を持たない人間の多くは、企業から評価されにくく、十分な待遇を得られないことから、勤続意欲が低下していき、転々と職業を変えていく可能性が高くなる」ということになります。

[3]「仕事・会社に対する満足度」/勤め続けたい・続けたくない理由

「今後も勤め続けたい」理由では、1位「職場環境がいいから」(回答率47.4%)、2位「安定した会社だから」(同40.3%)、3位「やりがいのある仕事だから」(同32.2%)という結果となりました。

この上位3つについては、年収別においていずれの層でも高い回答率となっていますが、「300万円未満」においては、「残業が少ないから」(同32.0%)、「女性が働きやすい職場だから」(同21.3%)とライフスタイルに合っていることを理由に挙げているのに対して、「800万円以上」においては、「給料が高いから」(同46.7%)、「福利厚生が充実しているから」(同30.0%)と待遇の優位性を理由に挙げていることが特徴的です。

一方、「勤め続けたくない」理由では、1位「給料が低いから」(回答率52.3%)、2位「仕事にやりがいがないから」(同34.4%)、3位「職場環境が悪いから」(同28.0%)という結果となりました。
年収別では、「給料が低いから」が、いずれの層でも高い回答率となっている点が見受けられる他、「800万円以上」においては、回答率が0%の項目が多数存在しており、年収が下がるにつれて回答率の高い項目が増加していく結果となりました。

「給料」に関しては、年収300万円を下回ると急激に勤続意欲が低下することが[2]でも表れており、「勤め続けたくない」理由としては、非常に大きな要素となっていることが伺えます。その一方で、「給料が高い」ことは「勤め続けたい」理由の中位に留まっており、さらに「500万円以上」の層では比較的回答率が低くなっていることが分かります。つまり平均年収(約415万円(※))を超える程度の収入を得ることで「給与額」は勤労意欲を大きく左右する要素ではなくなることが推測されます。

※国税庁「民間給与実態統計調査」2014年版


【調査概要】
調査名称 :第3回「仕事・会社に対する満足度」調査
調査方法 :インターネット調査
調査エリア:全国
調査機関 :2016年1月23日(土)~1月24日(日)
調査対象者:20~49歳の男女個人 600人
有効回収数:600サンプル

詳しいリサーチ内容はネタ元へ
リンク先リサーチPDF
 マイページ TOP