結婚式とジューンブライドに関する意識調査(25歳から39歳の独身男女対象) 

2015年05月29日
オーネットは、日本全国の25歳から39歳の独身男女計667名を対象に、結婚式とジューンブライドに関する意識について調査を実施しました。

【主な調査トピックス】

■若い世代ほど結婚式を「挙げたい」傾向がはっきり!
25歳から39歳までの独身男女において、若い世代ほど結婚式を挙げたいと考えている事がはっきりしました。25歳~29歳だと男性52.3%、女性55.9%が「挙げたい」と答えており、「挙げたくない」は、それぞれ16.2%と24.3%にとどまっています。しかし35歳~39歳になると、「挙げたい」という男性は33.3%まで減少。女性の35歳~39歳は、「挙げたい」29.7%に対して「挙げたくない」が36.0%と、逆転してしまいます。華やかな結婚式は若いからこそ!…というイメージがあるのかもしれませんね。

■結婚式を挙げたい月は5月、6月、10月が人気。理由はなんといっても「気候がよい」から。
では実際に結婚式を挙げるとした場合、何月ごろがいいかを聞いてみました。これは男女ともに同じような傾向となり、5月、6月、10月が人気です。その様子をフリーアンサーで答えていただきましたが、とにかく多かったのは「気候が良いから!」。夏や冬だと、お化粧や着る物を選ぶのも大変ですが、何よりも招待する皆さんも負担になってしまいます。そういう意味では、みんながすごしやすい月に人気があつまるのでしょう。

■その中で、ジューンブライドの知名度はたかく、6月の結婚式への憧れも!
一番人気は6月(11.5%)でした。「気候が良いから」という回答の他にも、「ジューンブライドは憧れだから」と答えた女性も多く、ジューンブライドの知名度85.6%とあわせて考えると、日本でもかなり広まってきているのかもしれません。

■結婚式のこだわりポイント。男女間で違いがくっきり!
これまでの質問では、多少の差はあっても男女ともに同じような傾向でしたが、しかし「結婚式でこだわりのポイント」は、男女差がくっきり表れました。男性は1位が「費用」で27.2%。しかし女性は、やはり誰もが憧れる「ドレス」が1位となり、42.0%もの女性が「どうしてもこだわりたい!」と答えています。その他にも女性は「料理」(27.4%)にもこだわりが。

詳しいリサーチ内容はネタ元へ
 マイページ TOP