シニアの美容に関する調査(50歳~79歳女性対象) 

2016年01月27日
総合マーケティング支援を行なうネオマーケティングは、全国の50歳~79歳の女性500人を対象に「シニアの美容」をテーマにしたインターネットリサーチを実施。

<調査背景>
近年、高年齢層向けの化粧品や美容商品が多く発売されています。しかし、実際にシニアの女性は美容に対しどのような悩みを抱え、どのような商品を求めているのでしょうか。そこで今回は全国の50歳~79歳の女性を対象に「美容に関しての興味関心度」や「若い人向け(10代、20代)の化粧品、メークについての興味・使用状況」など「シニアの美容」に関する調査を行ないました。報道の一資料として、ぜひご活用ください。

【調査結果概要】

【1】美容への興味関心は6割以上!
美容の興味関心度をお聞きすると、全体では合計62.6%の方が美容に興味関心があると回答する結果となりました。年代で比較をすると、60歳~64歳の方が合計68.0%と最も多い結果となっています。

【2】気にしているのは「たるみ」と「ほうれい線」
美容のなかで、以前と比べて気にしていることをお聞きしました。全体で最も多い回答は「ほうれい線」と「肌のたるみ」が47.0%で同率1位となりました。年代で比較をしても「ほうれい線」と「肌のたるみ」は上位にランクインしており、多くのシニアの女性が気にしていることがわかります。

【3】10代20代向けの「口紅・リップグロス」を7割が使用
若い人向け(10代、20代)の化粧品、メークについての興味・使用状況をお聞きしたところ、「興味があり、使用している」と回答した方が最も多い項目は「洗顔料」となり46.0%の方が回答しました。また、使用しているものを見てみると、「口紅・リップグロス」は71.0%の方が若い人向けの商品を使用していることがわかりました。


【調査概要】
・調査の方法:株式会社ネオマーケティングの運営するアンケートサイト「アイリサーチ」のシステムを利用したWEBアンケート方式で実施
・調査の対象:アイリサーチ登録モニターのうち、全国の50歳~79歳の女性
・有効回答数:500名
・調査実施日:2016年1月19日(火)~2016年1月20日(水)

詳しいリサーチ内容はネタ元へ
 マイページ TOP