年明け最初のお金の使い道に関する調査(既婚女性対象) 

2016年01月22日
ほけんの時間が運営する「家計の時間」では、新年のお金の使い方・意識を探るべく、既婚女性を対象に「元旦に使ったお金」にまつわるアンケートを実施。

【調査結果まとめ】

・既婚女性が元旦にお金を使った場所、1位は意外にも「スーパー」と判明
・「コンビニでの買い物」は無駄遣いだと感じている既婚女性が約3割。「外食」も後悔の対象に。

【調査結果】

Q:「元旦にお金を使ってはいけない」とのジンクスを知っていますか?(単回答)

「一年の計は元旦にあり」というように、年のはじめに計画や目標を立てるとよいとされているのは周知のところです。そんなことわざも関係してか、昔から「元旦にお金を使ってはいけない(元旦にお金を使うと、その年は支出の多い年になる)」とのジンクスもありますが、はたして現代の既婚女性はどれくらい知っているのでしょう。

結果は、「知っている」と答えたのはわずか8.4%にとどまり、「知らない」人が90%以上と大多数に。初売り文化が浸透している今、「元旦にお金を使ってはいけない」と口にする人は減っているのかもしれません。

Q:元旦にお賽銭以外でお金を使いましたか?(単回答)
Q:元旦にお金を使った人は、どこで使いましたか?(単回答)

2016年の元旦に、お賽銭以外でお金を使ったかどうかを聞いてみると、約半数の53.2%が「使った」と回答。
お金を使った場所は意外にも「スーパー(24.2%)」が1位にランクイン。お正月ならではの食料品にかぎらず、普段どおりの買い物や日用品を買った、との声が多く挙がっていました。

続く2位には「コンビニ(16.4%)」。初詣やおでかけの行き帰りに立ち寄って、飲み物やお菓子を買ったとのコメントが多数でした。「神社・お寺(15.8%)」は3位、初売りなどでにぎわうイメージの「デパート」は12.1%で5位。そのほかでは「自販機」、「駐車場代」、「ガソリン代」などが挙がりました。

元旦だから特別な買い物をするというよりは、あまり意識せず、普段と変わらないお金の使い方をしている人が多い印象です。

Q:日常生活のなかで、無駄遣いをしている、してしまったと感じているものは?(単回答)

普段の生活で、無駄遣いをしていると感じているものは「コンビニでの買い物」が33.5%で1位に。「スーパーのほうが安いとわかっていても、近いのでコンビニで買ってしまう」、「新商品が出ると試さずにいられず、目的のもの以外でも“ついで買い”してしまう」などの声が中心でした。

次点が「外食(21.9%)」。なかでも、働く子育て世代の女性は「休日くらい家事を休みたくて外食しがち」、「おでかけをした日は外食が多い」と、休日の外食を後悔する声がたくさん。
また、3位の「服・ファッション小物」は、ネットショッピングで衝動買いしやすいことがコメントからわかりました。


【調査概要】
アンケート期間:2016年1月18日~20日
有効回答数:310名
回答層:20代以上の既婚女性

詳しいリサーチ内容はネタ元へ
 マイページ TOP