「申(さる)年生まれ」と「新成人」の人口(「人口推計」から) 

2015年12月31日
総務省統計局では,新年を迎えるに当たり,平成28年1月1日現在における「申(さる)年生まれ」の人口と「新成人」の人口を推計しました。

要約

1 申(さる)年生まれの人口は991万人

男性は480万人,女性は512万人
平成28年1月1日現在における申年生まれの人口は991万人で,総人口1億2683万人に占める割合は7.8%となっています。
男女別にみると,男性は480万人,女性は512万人で,女性が男性より32万人多くなっています。

昭和43年生まれが最も多い
申年生まれの人口を出生年別にみると,昭和43年生まれ(平成28年に48歳になる人)が182万人と最も多く,次いで昭和19年生まれ(同72歳になる人)が159万人,昭和55年生まれ(同36歳になる人)が154万人,昭和31年生まれ(同60歳になる人)が152万人,平成4年生まれ(同24歳になる人)が124万人,平成16年生まれ(同12歳になる人)が110万人などとなっています。

十二支の中では11番目
総人口を十二支別にみると,丑年生まれが1111万人で最も多く,未年(1100万人),子年(1095万人)などと続いており,申年生まれは11番目となっています。

2 新成人人口は121万人

新成人人口は121万人で前年比5万人減
男性は62万人,女性は59万人

この1年間(平成27年1月~12月)に,新たに成人に達した人口(平成28年1月1日現在20歳の人口)は121万人で,前年と比べると5万人の減少となっています。
男女別にみると,男性は62万人,女性は59万人で,男性が女性より3万人多く,女性100人に対する男性の数(人口性比)は105.1となっています。

新成人人口は再び減少に
新成人人口について,この推計を開始した昭和43年からの推移をみると,第1次ベビーブーム(昭和22年~24年)世代の昭和24年生まれの人が成人に達した45年が246万人で最も多くなった後,減少に転じ,53年には152万人となりました。その後,昭和50年代後半から再び増加傾向を続け,第2次ベビーブーム(昭和46年~49年)世代の人が成人に達した時に200万人台(最多は平成6年207万人)となった後,平成7年に再び減少に転じて以降は減少傾向を続けています。

平成28年の新成人人口は121万人,総人口に占める割合は0.95%となり,21年ぶりに増加となった前年と比べ,5万人,0.04ポイント減と再び減少しました。人口,割合共に過去最少だった平成26年とそれぞれ同値となっており,総人口に占める割合は6年連続で1%を割り込んでいます。
なお,国立社会保障・人口問題研究所の推計によると,今後の新成人人口は,微増微減しながら減少傾向で推移し,平成37年には110万人を下回ると見込まれています。

詳しいリサーチ内容はネタ元へ
 マイページ TOP