2016年お正月三ヶ日のテレビCM動向 

2016年01月05日
ビデオリサーチは、関東・関西・名古屋の各民放5局を対象にテレビCMのオンエア状況を調査している「テレビ広告統計」データより、2016年1月1日~3日の間に関東地区でオンエアされたテレビCM動向を取りまとめました。

《2016年1月1日~1月3日 テレビCM動向一覧》

●タレント別出演CM本数
1位 DAIGO  2位 広瀬 すず  3位 小泉 今日子

今年の正月三ヶ日では、企業数で569社(2015年:566社)、CM本数で12,042本(2015年:11,789本)のテレビCMが関東地区でオンエアされましたが(いずれも速報値、番組宣伝CM等テレビ局のPRは除く)、これをそのCMに出演しているタレント別にみると、出演テレビCM本数が最も多かったタレントは『DAIGO』で、「ユーキャン」や「ダイハツ工業」のCMでの出演が目立ちました。
2位は「ソフトバンク」や「東京ガス」のCMへの出演が目立った『広瀬 すず』、3位は「ソフトバンク」のCMへの出演が目立った『小泉 今日子』となっています。今回の上位3名については、2015年の年始では圏外でしたが、本年の年始では大幅に出演CMの本数が増加しています。
また、『上戸 彩』『玉山 鉄二』『武井 咲』『ローラ』の4名は昨年も上位20位にランクインしており、本年も継続して出演本数が多くなっています。

●企業別CM本数
1位 ソフトバンク  2位 スズキ  3位 ダイハツ工業

企業別では、昨年同時期からオンエア数を増やした『ソフトバンク』が1位となりました。
2位には『スズキ』がランクイン。また3位には昨年同時期は5位だった『ダイハツ工業』が順位を上げランクインしています。
他には4位に『Cygames』、5位には昨年この時期には出稿が無かった『エレックスワイヤレス』がランクインしており、自動車メーカーとオンラインゲームアプリを扱う企業の出稿が目立っています。

●商品・サービス別CM本数
1位 ソフトバンク
2位 Cygames グランブルーファンタジー
3位 エレックスワイヤレス クラッシュオブキングス

商品・サービス別では、企業別でもトップだった『ソフトバンク』のCMが301本でトップ。次いで2位には『Cygames グランブル-ファンタジ-』(203本)が、3位に『エレックスワイヤレス クラッシュオブキングス』(186本)となっています。
また、5位に『サムザップ 戦国炎舞 KIZNA』が入るなど商品・サービス別に見てもオンラインゲームアプリのCMの出稿が目立っています。


集計対象局:関東5局(日本テレビ・テレビ朝日・TBS・テレビ東京・フジテレビ)
集計対象期間:2016年1月1日午前0時~1月4日午前0時未満のオンエアCMを対象
※確定前の速報データによる集計結果ですので、参考値であることをご了承ください。

詳しいリサーチ内容はネタ元へ
 マイページ TOP