お正月料理に関する調査(クックパッドユーザー対象) 

2015年12月21日
クックパッドは、クックパッドユーザー4,463名(女性3,953名、男性510名)を対象に、お正月料理に関するアンケートを実施。その結果、約8割が「毎年おせち料理を食べる」と回答しました。

【調査結果】

■毎年おせち料理を食べる人は約8割、1月3日までに飽きを感じる人は約7割
「毎年おせち料理を食べる」ユーザーに対する調査を進めた結果、全体の6割超が「元旦の朝」におせち料理を食べ始めると回答した一方、北海道にお住まいの方々は「大晦日」との回答が約6割となり、地域差が大きく表れました。また、おせち料理に飽きたと感じるタイミングは「1月3日」との回答が全体の4割超で最も多く、元旦や2日も含めて約7割が3日までに飽きを感じている結果となりました。

■恋しくなる味は「こってり」「辛い」、年明けは「カレー」検索が急増
おせち料理に飽きたら恋しくなる味覚は「こってり」「辛い」との回答が3割超で拮抗しました。また、食べたくなるメニューは「ラーメン」「カレー」との回答が4割超となりました。特に家庭料理の定番「カレー」は、毎年クックパッドでも年明け直後に検索が急増する傾向があります。

■「餅ピザ」は定番、「煮物で炊き込みごはん」「黒豆カップケーキ」も人気
好きなお正月メニューや食材は「お餅」「黒豆」「栗きんとん」、お正月に余りがちな食材やメニューは「お餅」「煮しめ」「黒豆」の順で上位に並びました。作ってみたいアレンジやリメイク料理はトップ3に「餅ピザ」「餅グラタン」「餅でおかき」とお餅の活用が並び、次いで「煮物で炊き込みごはん」「黒豆のカップケーキ」となりました。「餅ピザ」は「実際に作ったことがある」との回答も約4割に上り、クックパッドでの検索結果も529品(12月21日時点)と、家庭の定番メニューになっている模様です。


【調査概要】
調査テーマ:「お正月料理に関するアンケート」
調査方法:インターネット調査(クックパッドのメールマガジン会員)
調査地域:全国
調査対象:クックパッドのユーザー4,463名(女性3,953名、男性510名)
 – 年齢構成 19歳以下 1%、20代 12%、30代 27%、40代 33%、50歳以上 26%
調査実施時期:2015年12月8日(火)〜12月11日(金)

詳しいリサーチ内容はネタ元へ
 マイページ TOP