全国お雑煮調査 

2015年12月24日
タキイ種苗は、野菜や肉、魚介など様々な具材が楽しめるお正月の食べ物「お雑煮」について『全国お雑煮調査』を実施。

【調査結果】

今回、「お雑煮が好きですか?」、「今年お雑煮を食べましたか?」など『お雑煮に対する意識調査』(n=336)とお雑煮リテラシーが高い(※)方々へ都道府県ごとに行った『都道府県別お雑煮の簡易実態調査』(n=286)の2種類の調査を実施いたしました。(※) (①お雑煮が好き②お雑煮を毎年3回は食べる③自分でお雑煮を作る)

まず『お雑煮に対する意識調査』では、「お雑煮は好きですか?(SA)」の質問では、「はい(84.2%)」、「いいえ(3.9%)」、「どちらでもない(11.9%)」と8割以上の人が「好き」と回答しました。「(お雑煮が)好きな理由は?(MA)」では、第1位が「おいしいから(80.9%)」、次いで「おもちが好きだから(61.1%)」、「お正月らしいから(51.6%)」と続き、“味”“雰囲気”ともに日本人に長年愛されている、お正月料理だということが分かりました。

さらに「今年(2015年)のお正月にお雑煮を食べましたか?(SA)」という問いでは、なんと9割近い人が「はい(85.7%)」と回答。特に、年齢層が上がるにつれてその傾向は顕著となり「50代(90.1%)」、「60代(98.6%)」と9割近くが食べているという結果になりました。

一方で、「お雑煮に使うおもちの調達方法を教えてください(SA)」では、「家でおもちをつく(13.7%)」が最も低く、「お店で買う(80.7%)」が最も支持を集めました。

その他、『都道府県別お雑煮の簡易実態調査』では、「つゆ」、「おもち」を都道府県ごとに調査し、東は「角もち」、西は「丸もち」など地域ごとの特色が分かる結果となりました。


◆Q1.お雑煮は好きですか?(SA)
【全体】、【年代】
「はい」と答えた人は全体の8割以上、年齢が高くなるほどその傾向は強いことが分かった。その中で、50代、60代は「いいえ」と回答した人が0%という驚くべき結果に。

◆Q2. お雑煮が好きな理由はなんですか?(MA)
【全体】

「おいしいから(80.9%)」が第1位、次いで「おもちが好きだから(61.1%)」、「お正月らしいから(51.6%)」と続き、お雑煮が“味”“雰囲気”ともにお正月には欠かせない料理ということが分かった。
また、「その他(0.7%)」では、「郷土を感じることが出来る」、「普段食べない味」などの意見が上がった。

◆Q3.今年(2015年)のお正月にお雑煮を食べましたか?(SA)
【全体】、【年代】
全体の8割以上が「はい(85.7%)」と回答。世代別でみると、高齢層ほどお雑煮を食べている結果となり、「60代」では、98.6%の人が食べたと回答。お雑煮が日本の文化に根強く残っていることが分かった。

◆Q4.お雑煮に使うおもちの調達方法を教えてください(SA)
【全体】
「大根(57.7%)」、「にんじん(56.5%)」が僅差の第1位、2位となり、続いて「ミツ葉(28.6%)」。
第4位の「さといも(27.4%)」はおもちの替わりに代用されていたことから、九州、近畿、関東などのお米の産地ではない地域の回答に集中した。
「その他(11.6%)」では、「水菜」、「白菜」、「カツオ菜」などが上がった。

◆Q6.一日の中でお雑煮はいつ食べますか?(SA)
【全体】
「朝食(50.9%)」が半数以上を占める結果に。次いで、「特に決まっていない(17.6%)」となり、「昼食(12.5%)」が続いた。
また、2食続けて、お雑煮を食べる家庭はほとんどないことも明らかに。なかには、3食とも雑煮を食す人も約4%いた。

◆Q7.お雑煮はどんな状況で食べることが多いですか?(MA)
【全体】、【年代】
9割近くが「自宅で家族みんなで食べる(86.3%)」、一方で、20代を中心に「自宅で一人で食べる(21.7%)」 という意見も。


【調査概要】
①【タキイ種苗 『お雑煮に対する意識調査』】
調査期間:2015年12月13日(月)~16日(水)
調査方法:インターネット調査 ◆調査対象者:全国の20~69歳の男女
有効回答数:336サンプル

②【タキイ種苗 『都道府県別お雑煮の簡易実態調査』】
調査期間:2015年12月13日(月)~17日(木)
調査方法:インターネット調査
調査対象者:全国の40歳以上の女性(①お雑煮が好き②お雑煮を毎年3回は食べる③自分でお雑煮を作る
有効回答数:286サンプル(各都道府県6名)

詳しいリサーチ内容はネタ元へ
 マイページ TOP