全国ご当地お餅人気投票 

2015年12月22日
フィールドマーケティング支援サービスを提供するソフトブレーン・フィールド(SBF)は、レシートポータルサイト「RECEIPO(レシーポ)」で2015年12月8日~12月14日にかけて「全国ご当地お餅人気投票」を実施。

【調査結果】

■お餅の食べ方の鉄板といえば「醤油をつける」

「RECEIPO」では、SBFと株式会社クレディセゾンとの共同事業である「Point of Buy(R)データベース」をもとに、毎月、ヒット商品がわかるレシーポランキングを発表するなど、いつものお買い物に役立つ情報を発信しています。
そうした中で今回、お正月の定番であるお餅に着目。全国の消費者に複数回答で「好きなお餅の食べ方」を投票してもらいました。
その結果、全投票者数3,854名のうち、最も票を集めたお餅の食べ方は「醤油をつける」で2,579名(66.9%)、7割近い方が投票しました。
次に票を集めたのは「きなこ餅」で2,152名(55.8%)、3位は「磯辺焼き」で1,909名(49.5%)でした。

■「醤油をつける」以外にも首都圏では「磯辺焼き」が定番

「醤油をつける」のは全国どのエリアでも最もポピュラーな食べ方となっており、投票者の出身地域別の好みで見ても宮城県を除いて1位(同率1位を含む)でした。なお、宮城県では「ずんだ餅」が1位で、同県出身の方の投票のうち78.8%と約8割を占める結果になりました。
「醤油をつける」以外のお餅の食べ方を見ると、地域ごとに好みが分かれ、東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、群馬県、栃木県、茨城県といった関東では「磯辺焼き」が、岐阜県や石川県、富山県等の中部北陸エリア及び、大阪府、兵庫県、和歌山県といった近畿圏、四国、九州エリア(佐賀県・熊本県を除く)では「砂糖醤油で味付け」が、岡山県や広島県、島根県、山口県といった中国地方では「きなこ餅」が定番として挙げられました。
その他、山形県では「納豆餅」が好まれていることもわかりました。
また、人気投票では「お雑煮でお餅を食べるか」についても聞きましたが、2,833名が食べると回答。お正月の料理に欠かせない「お雑煮」ですが、73.5%と約4人に3人がお雑煮でお餅を食べているようです。


【調査概要】
地域:全国
調査方法:ネットアンケート
調査日:2015年12月8日~14日
投票数:3,854名
性別比率:男性34.9%、女性65.1%
世代比率:20代以下9.3%、30代23.4%、40代 32.5%、50代 23.6%、60代以上11.2%

詳しいリサーチ内容はネタ元へ
 マイページ TOP