年末年始の過ごし方に関する調査(犬・猫の飼い主対象) 

2015年12月21日
アイペット損害保険は、犬・猫(以下「ペット」)の飼い主568名を対象に年末年始の過ごし方に関する調査を実施。

これからの時期は、クリスマスや大晦日にお正月とイベントが目白押しです。ペットとの年末年始の過ごし方をお聞きしたところ、各々の楽しみ方が明らかとなりました。 また、1年を締めくくるにあたって、「(この1年で)ペットにしてしまったちょっと悪いこと。」について振り返っていただいたところ、微笑ましい回答が多数見られました。

【調査結果サマリー】

・クリスマスは「家族と自宅で少し特別な時間を過ごす」と答えたペット飼育者が最も多い。

・クリスマスにペットに特別なことをすると回答したペット飼育者の約7割は「ペットに特別な料理や好物を用意する」と回答。

・新年を迎える場所は「自宅になりそうだ」と77.4%のペット飼育者が回答している。

・自宅以外でカウントダウンをする人の約4割がペットを同伴すると回答している。

・ペットとの暮らしの中で「ペットの抜け毛が落ちた絨毯やカーペットが気になる」と半数近くが回答している。

・掃除をする際のペットの反応は「その場から逃げる」という回答が第1位。

・1年を振り返ってペットに謝りたいことは、「寝ている間にちょっかいを出したこと」という回答が第1位。


【調査結果】

クリスマスは「家族と自宅で少し特別な時間を過ごす」と答えたペット飼育者が最も多い。

ペット飼育者に「クリスマスの過ごし方」についてお聞きしたところ、 「家族と自宅で少し特別な時間を 過ごす」という回答が最も多い結果となりました。クリスマスツリーを飾ったり、クリスマスケーキを食べたり、 プレゼント交換をしたりする光景が思い浮かびますね。以下、「イルミネーションを見に行く」「パーティーに参加する」 「ディナーに行く」といった回答が続く中、「愛猫と家でまったりする」という回答も見られるなど、思い思いに クリスマスを満喫する予定だと分かります。

スマスにペットに特別なことをすると回答したペット飼育者の約7割は「ペットに特別な料理や好物を用意する」と回答

続いて、ペットとのクリスマスの過ごし方について特別なことをする予定の方に伺ったところ、「(ペットに)特別な料理やペットの好物を用意する」ペット飼育者は7割近くいることが分かりました。中には、「犬用クリスマスケーキを用意する」という回答もありました。また、「おもちゃ、小物等のクリスマスプレゼントをあげる」ペット飼育者は半数近くいます。料理やプレゼントなど「クリスマスに何か特別なことをする」という点でペットが家族の一員であることが伺えますね。 また、「サンタコスプレを用意する」といった、クリスマスならではの 回答が見られました。

新年を迎える場所は「自宅になりそうだ」と回答したペット飼育者は77.4%

クリスマスの過ごし方に続いて、新年を迎える予定の場所についてお聞きしました。回答者の77.4%が「自宅」 だと回答しています。以下、「帰省先の実家」や「国内外の旅行先」という回答が続いています。その他の回答では、「海外のビーチ」という素敵な答えや「職場」という仕事熱心な方もいらっしゃいました。

自宅以外でカウントダウンをする人の約4割がペットを同伴すると回答している。

前問で「自宅以外でカウントダウンをする」と回答した方にペットの同伴有無をお聞きしたところ、「(ペットを)同伴する」予定のペット飼育者が最も多いという結果となりました。また、「自宅でお留守番させる」という回答 が続いています。外出期間の長さによって「ペットホテル等に預ける」という選択肢をとる方もいるようです。 ちなみに、年末年始を海外で迎える予定の方の半数近くがペットを同伴すると回答していました。

ペットとの暮らしの中で「ペットの抜け毛が落ちた絨毯やカーペットが気になる」と回答したペット飼育者は半数近くいる。

新年を迎えるにあたって、多くの方が新年を迎える場所は「自宅」だと回答していました。カウントダウンをする場所であり、ペットと多くの時間を過ごす場所でもある自宅で「(特に)手が行き届いていない」箇所についてお聞きしたところ、「ペットの抜け毛が落ちた絨毯やカーペット」との回答が半数近くに上ることが分かりました。 続いて「引っかき傷のついた床やフローリング」を挙げるペット飼育者が多くなっています。 またその他には、「 (ペットと)一緒に寝ている布団」や「猫が爪とぎをした土壁」といった回答が見られました。大掃除の機会に、普段から気にかかっている箇所の掃除や修理をしてみると、よりすっきりとした気持ちで新年を迎えられるかもしれませんね。

掃除をする際のペットの反応では「その場から逃げる」という回答が第1位である。

掃除をするときのペットの反応で最も多かったものは、上から順に「その場から逃げる」「隠れて様子を伺っている」という回答でした。 更に、「掃除道具にじゃれる」という可愛らしい答えが続いています。 遊んでいるような感覚になるペットが多いのかもしれませんね。反対に「掃除道具を攻撃する」ペットもいるようです。 その他には 「ソファーに座っている」や「寝ている」というような落ち着いて動じない様子が伺える回答が見られました。

1年を振り返ってペットに謝りたいことは、「寝ている間にちょっかいを出したこと」という回答が第1位。

1年を振り返ってご自身のペットにしてしまったことをお聞きしたところ、「寝ている間にちょっかいを出したこと」が最も多い回答となりました。ペットが寝ている可愛い姿を見て、思わずちょっかいを出したくなってしまう方が多いのかもしれません。以下、「強く叱りすぎた」「間違ってペットのしっぽを踏んでしまった」という回答が続いています。その他の回答では、「あまり散歩に行けなかった」や「あまり構ってあげられなかった」という反省の声もあがっています。 来年は、今年以上にペットと触れあう時間が増えると良いですね。


【調査概要】
調査対象:20代以上の犬・猫の飼い主
調査人数:568人(男性282人、女性286人)  
調査方法:インターネットによるアンケート(複数回答可)を実施
調査期間:2015年12月7日

詳しいリサーチ内容はネタ元へ
 マイページ TOP