シニアが選ぶ今年の漢字2015 

2015年12月14日
ゆこゆこは、運営の宿泊予約サイト「ゆこゆこネット」の50代以上のメールマガジン会員1,133人を対象に、「今年を表す漢字・今年もっとも印象に残ったニュース」に関する調査を実施。

【調査結果ダイジェスト】

■シニアが選ぶ【今年の漢字】、第1位は「偽」
相次いで発覚した企業のデータ“偽装”問題に、シニアも反応。次いで選ばれたのは、政治や世界情勢などの“変化”“乱れ”を表した「変」、「乱」

■シニアの今年もっとも印象に残った【世間のニュース】、TOP3は「安全保障関連法成立」「ラグビー日本代表の活躍」「関東・東北豪雨」

4位以下 4位:マンションデータ偽装問題、5位:過激派組織「イスラム国(ISIL)」によるテロ行為・日本人拘束事件、6位:国産旅客機MRJ初飛行、7位:日本人2名のノーベル賞受賞、8位:東京五輪エンブレム問題、9位:高齢者による交通事故多発、10位:火山活動の活発化

【今年の漢字】第2位「変」、第3位「乱」に関連した「安全保障関連法成立」が第1位。第6位の「国産旅客機MRJ初飛行」には、特に男性から期待を寄せる声が集まった


【調査概要】
調査期間:2015年11月12日~11月19日
調査対象:50代以上のゆこゆこネットメールマガジン会員
調査方法:メールマガジン会員向けインターネット調査
有効回答数:1,133件
-男性:870名(50代:240名、60代:454名、70代以上:176名)
-女性:263名(50代:152名、60代:98名、70代以上13名)

詳しいリサーチ内容はネタ元へ
 マイページ TOP