アジア各国における職場へのロイヤルティ(忠誠心)調査 

2015年11月27日
ヘイズ・スペシャリスト・リクルートメント・ジャパン(ヘイズ・ジャパン)は、会社に対するロイヤルティ(忠誠心)についてウェブサイト上でアンケート調査を実施しました。

日本におけるアンケートでは670人から回答を得ました。調査の結果、48%が「職場におけるロイヤルティは重要であり、1社で5年以上勤める」と回答しています。また、35%が「5年までは1社に勤める」と回答しており、この場合、10年間で少なくとも2社で働くことが想定されています。一方、「1~2年で転職する」と答えた回答者は16%でした。

また、アジア各国における同調査の結果を見てみると、職場へのロイヤルティはシンガポールが最も高い59%、次いで中国の56%となっており、日本以上にアジア各国の職場へのロイヤルティが高いことがうかがえます。

詳しいリサーチ内容はネタ元へ
 マイページ TOP