オーラルケアに関するアンケート調査(20~59歳で就労中の男女対象) 

2015年11月02日
オウチーノ総研はライオンと共同で、20~59歳で就労中の男女890名を対象に「『オーラルケア』に関するアンケート調査」を行いました。

【調査結果】

1.  歯磨き回数は「1日2回」が最多。
掃除・整理整頓が得意な人は、口の中も綺麗好き!


はじめに、「あなたは平日、1日何回歯磨きをしていますか?」という質問をしました。結果、「毎日は磨かない」という人が1.5%、「1日1回」が19.4%、「1日2回」が44.7%、「1日3回」が28.4%、「1日4回以上」が4.7%、「まったく磨かない」が1.3%という結果でした。

次にその結果を、部屋の掃除や整理整頓が「得意」、「まぁまぁ得意」、「あまり得意でない」、「得意でない」と回答した人ごとに見てみました。「1日2回以上」歯磨きをする人は、掃除・整理整頓が「得意」と回答した場合89.0%、「まぁまぁ得意」の場合82.4%、「あまり得意でない」の場合77.8%、「得意でない」の場合69.2%でした。「1日3回以上」歯磨きをする人は、「得意」の場合40.2%、「まぁまぁ得意」の場合40.1%、「あまり得意でない」の場合28.7%、「得意でない」の場合29.5%でした。掃除・整理整頓が得意な人の方が、歯磨きの回数が多い傾向にあることが分かりました。

また磨くタイミングを聞いたところ、「朝ごはんの後」と回答した人が61.5%、「寝る前」が60.4%と突出していました。他には、「昼ごはんの後」が37.2%、「起床後すぐ(朝ごはんの前)」が31.1%、「夜ごはんの後」が30.5%、「人と会う前(出かける前)」が12.9%でした。歯を磨くタイミングとして真っ先に挙げられるのが「朝」ですが、「起床後すぐ(朝ごはんの前)」より「朝ごはんの後」に磨いている人の方が多いことが分かりました。

2.  1回の歯磨き時間、半数以上が「3分未満」。目安は3分!

次に、「1回の歯磨きの平均的な時間はどれくらいですか?」という質問をしました。「1分未満」と回答した人が4.6%、「1~3分未満」が49.9%、「3~5分未満」が31.3%、「5~10分未満」が11.0%、「10分以上」が3.2%でした。半数以上が3分未満で磨いていることが分かりました。

さらに歯磨きをする場所を聞いたところ、「洗面台」で磨いている人は79.8%、「リビング・ダイニング」が13.0%、「風呂場」が3.9%、「自室」が2.8%、「その他」が0.5%でした。

そして、歯磨きをしながらやっていることを聞くと、「鏡を見ている」人が60.8%、「考えごとをしている・ボーっとしている」が25.1%、「TVを見ている」が22.9%、「スマホを見ている」が10.5%、「湯船につかっている」が5.9%でした。
最近はスマホを見ながらTVを見る、食事をする、という人も多いですが、スマホを見ながら歯磨きをする人はまだ1割にとどまっているようです。

3.  45.6%が、自分の歯磨きできちんと汚れを落とせていると「思わない」と回答!
現に、正しい歯磨きを行っている人は、わずか9.6%。


「あなたはご自分の歯磨きの仕方で、きちんと汚れが落とせていると思いますか?」という質問をしました。「思う」と回答した人は10.6%、「どちらかといえば思う」が43.8%、「どちらかといえば思わない」が38.0%、「思わない」が7.6%でした。

では実際に、どれくらいの人が効果的な磨き方をしているのでしょうか。正しい歯磨きのポイント4つのなかから、歯磨きをするときに行っていることをすべて選んでもらいました。最も多くの人が選択したのが「歯ブラシの毛先を歯面にきちんとあてる」で67.8%でした。次に「歯ブラシを小刻みに動かしながら磨く」が50.3%、「歯ブラシの毛先が広がらない程度の軽い力で磨く」が40.4%、「歯磨き剤は、チューブから1~2cm程度出して使う」が31.4%、「あてはまるものはない」が4.3%でした。正しい歯磨きのポイントを全て行っている人は、わずか9.6%でした。

4.  67.1%が、歯ブラシ交換の目安が1カ月であることを「知らない」!

最後に、歯ブラシの交換時期について質問をしました。まず、「歯ブラシを交換する目安が1カ月であることを、知っていますか?」と聞いたところ、67.1%が「知らなかった」と回答しました。

実際に1本の歯ブラシをどれくらいの期間使用しているか聞いたところ、「2週間程度」と回答した人が4.4%、「1カ月程度」が35.2%、「2カ月程度」が26.0%、「3カ月程度」が17.1%、「4カ月から半年程度」が9.7%、「7カ月から1年程度」が3.7%、「その他」が3.9%でした。60.4%が、1カ月より長く使用していることが分かりました。

さらに歯ブラシを交換するタイミングを聞きました。すると、「毛先が広がったとき」と回答した人が突出して多く、84.5%でした。次に多かったのが「歯ブラシが汚れたとき」で28.0%、そして「汚れ落ちが悪くなったと感じたとき」が12.9%、「気分を変えたいとき」が7.2%、「なんとなく」が7.1%、「年末年始などの際に」が6.4%、「歯ブラシに飽きたとき」が5.1%、「その他」が2.6%でした。歯ブラシは、定期的に交換するというより、状態を見て交換している人が多いことが分かりました。


【調査概要】
有効回答:20~59 歳で就労中の男女 890 名
調査方法:インターネットによるアンケート調査
調査期間:2015 年 10 月 9 日(金)~10 月 13 日(火)

詳しいリサーチ内容はネタ元へ
 マイページ TOP