「中華だし」に関するアンケート調査(既婚女性20代~80代対象) 

2015年09月10日
フィールドマーケティング支援サービスを提供するソフトブレーン・フィールドは、クレディセゾンとの共同事業である「Point of Buy(R)購買理由データ」のアンケートモニター2,959名(既婚女性、20代~80代)を対象に「中華だし」に関するアンケートを2015年8月26日に実施。

【調査結果】

■8割以上の主婦が市販の中華だしを利用


アンケートではまず中華だしの利用について聞いたところ、現在「使っていない」と回答した方は18.9%と2割以下にとどまり、8割以上の方が市販の中華だしを利用していることがわかりました。
つぎに、現在使っている中華だしを聞いたところトップは「味の素 丸鶏がらスープ」で35.0%、ついで「廣記商行 味覇」が15.5%、「ユウキ食品 ガラスープ」が10.8%、「創味食品 創味シャンタンDX」が6.0%、「味の素 香味ペースト」が3.9%となりました。(メーカー名は2度目以降略)

■家庭用の「創味シャンタンDX」の発売を知っている人は半数以上!

現在中華だしを利用していると回答した2,399名を対象に2015年4月から「味覇がリニューアルしたこと」について聞いたところ、「知っている」が36.1%、「知らない」が63.9%となりました。
また、家庭用サイズで「創味シャンタンDXが発売されたこと」については、「知っている」が55.8%、「知らない」が44.2%となり、味覇がリニューアルしたことを知らない人も創味シャンタンDXの発売は知っている結果となりました。
そこで「創味シャンタンDXの発売を知った経緯」を聞いたところ、「テレビ」が58.2%、「インターネット」25.9%、「店頭」21.8%、「新聞・雑誌」4.4%となり、まだなおテレビの影響力が強いことがわかりました。

■今後の購入意欲では「丸鶏がらスープ」と「創味シャンタンDX」がトップ争い!

次に購入する予定の中華だしについて聞いたところ、「決めている」と回答したのは約半数の54.6%となりました。
そこで、具体的に購入予定の「中華だし」の商品名を聞いたところ、トップは「丸鶏がらスープ」34.0%、ついで「創味シャンタンDX」33.9%、「味覇」19.6%、「ガラスープ」15.4%、「香味ペースト」9.4%となりました。
「創味シャンタンDX」は、3月下旬に家庭用に発売開始となったにも関わらず僅差で2位となりました。
利用者の声を聞いてみると、「中華と名のつく料理には、必ず使います。入れるのと入れないのでは、味が違うし美味しくなります。」(丸鶏がらスープ/40代)、「ゼラチンと混ぜて餃子の具に入れています。食べるときジューシーでおいしいです。」(味覇/30代)、「ガラスープの顆粒を野菜炒め・チャーハン・ビーフン料理等に使用する際、お酒類を少量ふりかけています。ガラスープは意外にも和食料理にも合うので、ふろふき大根やお正月のお雑煮にも使用します。」(ガラスープ/60代以上)、「少量で十分なので入れすぎないように缶の中にスプーンを入れています」(創味シャンタンDX/40代)など、中華料理の味付けだけでなく、和食や複数の使い分けなど、中華だしの利用が日々の食卓に浸透している様子がわかりました。


【調査概要】
・対象:株式会社クレディセゾンの運営する「永久不滅.com」の「レシートで貯める」サービス登録会員約およびSBFの登録会員
・調査方法:「レシートで貯める」サービス及び「レシートdeポイント」サービスを活用したインターネットリサーチ
・調査地域:全国
・調査日:2015年8月26日
・有効回答者数:2,959名
・属性:[既婚女性] 20代2%、30代 19%、40代 39%、50代 29%、60代以上 12%

詳しいリサーチ内容はネタ元へ
 マイページ TOP