国内アプリケーションデリバリーコントローラー市場予測 

2015年08月20日
IT専門調査会社 IDC Japanは、サーバー負荷分散などを担うアプリケーションデリバリーコントローラー(※)(Application Delivery Controller、以下ADC)に関する2014年の国内市場の動向と2019年までの予測を発表しました。これによると2014年は前年比成長率6.2%と再びプラス成長に転じ、市場規模は259億6,300万円になりました。

※アプリケーションデリバリーコントローラー:
OSI参照モデルのトランスポート層よりも上位の情報に基づき、トラフィックをコントロールする製品。サーバー負荷分散、SSLアクセラレーション、帯域制御などの機能を有する。サーバー負荷分散装置やレイヤー4-7スイッチなどと呼ばれる場合もある。

【調査結果サマリー】

・2014年 国内アプリケーションデリバリーコントローラー市場は、再びプラス成長に転じ市場規模は260億円。サービス提供事業者や企業ITシステムでの需要がけん引

・2015年以降も緩やかに成長を持続し、2014年~2019年の年間平均成長率は5.0%と予測

・クラウド環境下におけるADCの最適解をいかに提供できるかが市場の課題。ベンダーは、戦略の見直しと新たなアーキテクチャの提案が必要に


詳しいリサーチ内容はネタ元へ
 マイページ TOP