インテリジェンスが運営する転職サービス「DODA(デューダ)」は、22~59歳のビジネスパーソン5,000人を対象に、仕事に対しての満足度調査を行いましたのでお知らせします。本調査は、現在就いている職業について、「総合」「仕事内容」「給与・待遇」「労働時間(残業・休日など)」「職場環境(社風・周囲の社員など)」の5つの指標別の満足度を点数(100点満点)で回答してもらった結果をまとめたものです。

【調査結果】

■総合満足度 ~1位は「運用(ファンドマネジャー/ディーラー/アナリスト)」で、78.3点

ビジネスパーソン5,000人の仕事に対する総合満足度は、100点満点中で平均63.8点。全100職種の中で、最も満足度が高かったのは「運用(ファンドマネジャー/ディーラー/アナリスト)」で78.3点、次いで「ブライダルコーディネーター」(72.4点)、「コンサルタント」(72.0点)という順になりました。

■仕事内容 ~1・2・3位は、総合満足度とまったく同じ職種に

ビジネスパーソン5,000人の「仕事内容」に対する満足度は平均64.7点。満足度が高い職種は、1位が「運用(ファンドマネジャー/ディーラー/アナリスト)」(79.6点)、2位が「ブライダルコーディネーター」(77.2点)、3位が「コンサルタント」(75.3点)と、総合的な仕事満足度のランキングと同じ順位になっています。
そのほか、上位20位までには、「編集/デスク」、「Web編集/コンテンツ企画」、「ファッション・インテリア関連」、「映像関連」、「ゲーム関連」など、クリエイティブ系職種が多くランクインしました。

■給与・待遇 ~1位は「先行開発/製品企画」で70.5点

1位が「先行開発/製品企画」で70.5点、次いで2位が「運用(ファンドマネジャー/ディーラー/アナリスト)」(70.3点)、3位が「臨床開発/治験」(66.6点)となりました。DODAの平均年収/生涯賃金データ2014と照らし合わせてみると、今回の調査結果からは、給与・待遇に対する満足度の高さと、年収額の高さが必ずしも連動しているわけではないことも分かりました。年収額そのものよりも、業務負荷との兼ね合いや成果に対する評価などを鑑みて納得感があるかどうかが影響していると考えられます。


【調査概要】
・対象者:22~59歳のホワイトカラー系職種の男女
・雇用形態:正社員
・調査手法:ネットリサーチ会社を利用したインターネット調査
・実施時期:2015年7月
・有効回答数:5,000件
・回答方法:現在就いている職種に対する満足度を「総合」「仕事内容」「給与・待遇」「労働時間(残業・休日など)」「職場環境(社風・周囲の社員など)」の5つの指標別に、100点満点中で何点か回答。

詳しいリサーチ内容はネタ元へ
 マイページ TOP