メディカル給食・在宅配食サービス市場に関する調査 2015 

2015年08月18日
矢野経済研究所は、国内のメディカル給食、在宅配食サービス市場の調査を実施した。

<メディカル給食、および在宅配食サービスとは>
本調査におけるメディカル給食とは、病院給食(入院患者・病院職員給食)、ならびに高齢者施設給食(入所高齢者・施設職員給食)を対象とし、委託事業、および非委託事業の双方を含む。
また、在宅配食サービスとは在宅の高齢者や身体障害者、糖尿病や肝臓病などの在宅患者(又はその予備群)に対して、定期的に食事の宅配を行うサービスをさし、地方自治体が独自予算で実施し利用者個人が一部負担するサービス(「横出しサービス」ともいう)と、利用者個人が全額負担するサービスを含む。

【調査結果サマリー】

◆ 2014年度のメディカル給食・在宅配食サービス市場規模は2兆1,337億円と前年度比で微増
2014年度のメディカル給食(病院給食、高齢者施設給食)、在宅配食サービス(在宅健康食・治療食)を合わせた総市場規模は末端売上高ベース(給食サービス最終価格ベース)で、前年度比101.2%の2兆1,337億円であった。病院給食の減少分を高齢者施設給食と在宅配食サービスがカバーし、前年度比で微増であった。

◆ 高齢者施設給食と在宅配食サービスを中心に、今後も堅調に推移
分野別でみると、2014年度の市場規模は病院給食で前年度比99.4%の1兆1,971億円、高齢者施設給食で前年度比103.0%の8,316億円、在宅配食サービスで前年度比108.2%の1,050億円であった。
日本は超高齢社会を迎え、高齢者施設の増加と在宅高齢者の増加により、高齢者施設給食と在宅配食サービスの市場は拡大が見込まれる。


【調査概要】
・調査期間:2015年4月~6月
・調査対象:メディカル給食・在宅配食サービス事業者、病院、特別養護老人ホーム、老人保健施設、関連団体等
・調査方法:当社専門研究員による直接面談、電話・郵送アンケート等によるヒアリング、ならびに文献調査を併用

詳しいリサーチ内容はネタ元へ
 マイページ TOP