夏バテに関する意識調査(30~40代女性対象) 

2015年08月06日
decencia[ディセンシア]は、30~40代女性250名に対して、夏バテに関する意識調査を行いました。
その結果、夏バテ対策として「冷房をつけて寝ている方」が6割、「冷たいものばかり口にしている方」が8割と、体内外から身体を冷やし、“夏冷え”を引き起こす行動をとっている女性が多数いることが分かりました。 (データ①)

また、データ①でいずれも「はい」と回答した女性の、夏の時期の体調について調査したところ、「夏バテ」、「冷え症」の症状を自覚している女性がいずれも8割以上という結果となりました。つまり、普段から夏バテしやすく冷え性という自覚があっても、暑さから逃れるため、冷房をつけて寝てしまったり、冷たいものばかり摂取してしまったりと、“夏冷え”の原因になる行為をなかなか断てていないという現状が明らかになりました。 (データ②) “夏冷え”が進行すると、ますます体調を崩しやすくなるという悪循環を導いてしまいます。


【調査概要】
調査方法:インターネットによるアンケート
調査対象:30代、40代女性250名
調査期間:2015年7月28日~2015年7月30日

詳しいリサーチ内容はネタ元へ
 マイページ TOP