夏のファッションに関する意識調査(女子高生・女子大生を対象) 

2015年07月23日
フリューが運営する女子高生・女子大生の動向調査・研究機関『GIRLS'TREND(ガールズトレンド) 研究所』は、2015年6月に「夏のファッションに関する意識調査」を実施(サンプル数:344)。
調査対象はいずれも、フリューが運営する、プリントシール機で撮影した画像を取得・閲覧できるサービス「ピクトリンク」の会員の女子高生・女子大生※です。
※高専生、専門学校生、短大生を含む

【調査結果】

TREND① 男女合同BBQへの関心度は95%!男ウケすると思うのはショートパンツの奥様キャラ

晴れた夏の日に定番の屋外アクティビティと言えるバーベキュー(BBQ)。男女合同(両親を除く)のBBQについて調査したところ、参加経験がある割合は36.9%、また、この夏計画している割合は8.4%、やってみたい割合は49.7%となり、回答者全体の約95%が興味を示していることが分かりました。さらに、その場で男ウケを意識する割合は83.2%という結果に。異性がいるBBQへの参加にあたっては、自身のファッションやふるまいへの意識も変わるようです。なおBBQで男ウケが良さそうなファッションは、元気で夏らしいショートパンツ、その場のふるまいについては、野菜を切るなどの炊事をする奥様キャラが第1位でした。

TREND② この夏注目の柄は花柄、履きたい靴は厚底サンダル

この夏女子高生・女子大生はどのようなファッションに注目しているのでしょうか。柄については、花柄(50.0%)、フルーツ柄(33.1%)、ボーダー(20.6%)と比較的女性らしいものが上位3位に入りました。また、履きたい靴は、厚底サンダル(50.6%)、サンダル(39.5%)、スポーティサンダル(27.6%)といった、カジュアルな靴がこの夏の支持を集めています。

TREND③ 洋服の購入場所はネットショッピングが第3位(29.9%)

普段洋服を買う場所として、第1位ショッピングモール(74.1%)、第2位ファッションビル(34.3%)に続き、ネットショッピング(29.9%)が第3位となりました。ネットオークションやフリーマーケットアプリへの出品経験および願望も回答者全体の55.5%と半数を超え、インターネットやスマートフォンの普及に伴い、洋服の購買行動が多様化していることが伺えます。


【調査概要】
調査期間:2015年6月12日(金) ~ 6月28(日)
調査方法:インターネットアンケート
調査対象:プリントシール画像共有サイト「ピクトリンク」会員の女子高校生、女子大学生等
(高専生、専門学校生、短大生を含む)
有効回答数:344サンプル

詳しいリサーチ内容はネタ元へ
 マイページ TOP