男女の季節感に関する調査 

2015年07月21日
ニッセンは、運営するプレゼント・懸賞サイト「nissen もらえるネットにて、会員 530 名に対して【男女の季節感に関する調査】の調査を実施。

【調査結果】

■暑くなり冷房を入れるという人も多い中、心地良いと思う温度は人それぞれ
各地で猛暑日になるなどして気象庁が熱中症の注意喚起などを行っている昨今、夏の暑さ対策が重要とされています。冷房などで適度に暑さ対策をしたいものですが、冷房の好き嫌いや設定温度は人それぞれ。今回は男女の暑さ対策・冷房の設定温度などについて調査しました。

■女性の半数以上は寒がり
「あなたは寒がりですか、それとも暑がりですか」の質問に対し、29.6%の人が「寒がり」と答えました。次いで「どちらかと言えば寒がり(21.3%)」「暑がり(19.1%)」「どちらかと言えば暑がり(17.5%)」となり、全体の半数以上が「寒がり」「どちらかといえば寒がり」という結果になりました。男女で比較すると、男性の「寒がり」「どちらかと言えば寒がり」が合わせて 44.7%だったのに対し、女性は 53.1%となり、女性の方が寒がりだと感じていることがわかりました。

■「冷え性」は女性だけの悩みではない?
「あなたは冷え性ですか」の質問に対して「はい」が 60.8%、「いいえ」が 39.2%となり 6 割超の人が冷え性だと回答しました。男女別では男性で冷え性だと答えた人が 43.2%だったのに対し、女性は 66.6%となりました。女性が 7 割近くとなった一方で、男性についても冷え性だと感じている人が多いことがわかりました。

■冷房の設定温度に男女差
「あなたが適温だと思うエアコンの設定温度は何度ですか」と質問したところ、「26度~27度」が最も多く42.5%となりました。次いで「24度~25度(25.5%)」「28 度以上(12.1%)」となり、多くの企業で推奨されている冷房の 28 度設定について、適温だと思う人が少ないことがわかりました。
男女別に見てみると、女性の半数以上の 57.8%の人が 26 度以上を適温だと答えているのに対し、男性は 44.7%と半数を下回っており、25 度以下が快適だと答えた人は男性の方が女性よりも 8.3%多く、男性の方が女性よりも冷房の設定温度が低い方を好む結果となりました。
また、「エアコンの設定温度でパートナーとケンカになったことはありますか」の質問に対し 35.7%の人が「ある」と答え、男女の温度感の差によっておよそ 4 割の人がケンカしたことがあることがわかりました。

■冷房を使い始める時期
「あなたは冷房器具をいつから使い始めますか」の質問に対して、最も多かった答えは「7 月」で 40.9%となりました。次いで「6 月(23.2%)」「冷房は使わない(12.6%)」となりました。梅雨の影響で湿度が高く蒸し暑い時期に冷房を使い始める人が多い一方、1 年を通して冷房を使わない人も 1 割ほどいることがわかりました。

■冷房だけではない様々な就寝時の暑さ対策
「暑い時期、就寝時に何か利用していますか」の質問に対して「扇風機」と答える人が最も多く 46.0%、次いで「窓を開ける(36.0%)」「冷房(31.7%)」となりました。また、「冷却マット(12.8%)」「氷枕(11.5%)」「首まわりを冷やす冷却グッズ(9.4%)」といった電力を使わない冷却グッズを用いる人も見られ、人それぞれの就寝時の暑さ対策が見られました。


【調査概要】
調査期間:2015 年 7 月 1 日(水)~7 月 7 日(火)
調査テーマ:男女の季節感に関する調査
対象者:ニッセンもらえるネット会員
サンプル数:530 人

詳しいリサーチ内容はネタ元へ
リンク先リサーチPDF
 マイページ TOP