ホストの目標や将来の展望に関するアンケート調査 

2015年07月07日
リックオフィスでは、大阪のホストクラブで働く現役ホストに89名に「ホストとして目指す役職」「いつまでホストを続けるのか」など、ホストの目標や将来の展望に関するアンケートを行いました。

【調査結果】

◆ホストになってよかったと思いますか?

よかった 97%
よくなかった 3%
ホストになったことを後悔しているのは3%とごく少数。
ほとんどのホストがその仕事に就いて良かったと感じています。

◆ホストとして目指す役職は?

オーナー 67%
社長 25%
代表 4%
主任 4%
70%近くのホストが目指す役職はオーナー。
最終的な権限を持つオーナーになりたいと言うことは、すなわち、自分のホストクラブを持つこと。
成果主義の世界で働くホストは上昇志向が強いのが特徴です。
そんな彼らがお店のトップであるオーナーを目指すことは当然の結果なのかもしれません。
将来は多店舗展開し、グループを形成するまでに成長させようという野心家もいました。

◆何歳までホスト業界で活躍したいですか?

40代以降も関わり続けたい 33%
20代後半 27%
30代前半 21%
30代後半 16%
20代前半 3%
ホストと言うと20代前半など若い年齢層がメインで、長く続けられない仕事というイメージがあります。
しかし、早々に引退を考えるのはごく少数で20代後半どろか40代を超えてもまだまだ現役として、また経営者として業界に関わり続けたいと望んでいるホストが多数でした。


【調査概要】
調査テーマ:「ホストの未来像」
調査方法:ホストへの取材
回答数:89名
対象者:大阪のホストクラブで働くホスト

詳しいリサーチ内容はネタ元へ
 マイページ TOP