家の中の掃除・除菌意識に関する調査(20~50代の既婚女性対象) 

2015年05月27日
オールアバウトと、花王は、1都3県在住の20~50代の既婚女性884名を対象に「家の中の掃除」に関する調査を実施。

【調査結果のポイント】

■主婦の7割以上が家の中の菌やカビが「気になる」と回答
 特に20代の主婦が8割以上と、50代主婦の6割よりも多い結果に
 菌やカビが気になるのに「正しい掃除」ができていない人は9割以上

■キッチンやお風呂、トイレ、リビングなどは約半数が「掃除できている」と思っている一方で、「除菌できている」と思っているのは1~2割にとどまる

■キッチンまわりの「まな板」「台ふきん」などは“除菌意向“は高い一方で、“除菌できている”という認識が低いことが明らかに
 普段行っている「まな板」の洗浄方法は「食器用洗剤で洗う」が最多

■お風呂の「床」や、トイレの「便器」「便座」「床」、リビングの「カーペットの表」も“除菌意向”は高いが、“除菌できている”という認識が低い
 また、菌が繁殖しやすいトイレの「壁」やリビングの「カーペットの裏」は見落とされがちであることが判明

【調査結果】

■主婦の7割以上が家の中の菌やカビが「気になる」と回答
 特に20代の主婦が8割以上と、50代主婦の6割よりも多い結果に
 菌やカビが気になるのに「正しい掃除」ができていない人は9割以上


20~50代の既婚女性884名に対し、「家の中の“菌”や“カビ”が気になるかどうか」を聞いたところ、全体の74.7%が「気になる」(とても気になる+気になる)と回答。年代別で見ると20代が特に多く81.9%で、一番低かった50代と比べると17ポイントも差があることが明らかになりました。
さらに、家の中の“菌”や“カビ”が気になると回答した人に対し、正しい方法で家の中の掃除をしているかどうかを聞くと、68.9%が「掃除はしているが、正しい方法でできているか自信はない」と回答していました。また、「正しい方法でやっていないと思う」と回答した人が22.4%いるなど、およそ9割の主婦が「家の中の“菌”や“カビ”は気になるものの、正しい方法で掃除はできていないと思う/できていない」ことがわかりました。

■キッチンやお風呂、トイレ、リビングなどは約半数が「掃除できている」と思っている一方で、「除菌できている」と思っているのは1~2割にとどまる

さらに、家の中のあらゆる場所についてきちんと掃除できていると思う場所と、除菌できていると思う場所を聞いてみると、「キッチン」(52.4%)や「お風呂」(47.0%)「トイレ」(49.8%)「リビング」(50.2%)など、家族が何回も利用したり行き来したりする場所については半数近くが掃除できていると思うと回答している一方で、除菌については「キッチン」(22.9%)「トイレ」(21.9%)は2割程度、「お風呂」(14.0%)「リビング」(9.1%)は1割程度と、“掃除はしていながらも除菌はできていない”と思っている主婦が多いことがわかりました。

■キッチンまわりの「まな板」「台ふきん」などは“除菌意向”は高い一方で、“除菌できている”という認識が低いことが明らかに
 普段行っている「まな板」の洗浄方法は「食器用洗剤で洗う」が最多


先程の設問を踏まえ、「キッチン」「お風呂」「トイレ」「リビング」「玄関」の5箇所についてさらに細かく“除菌したい場所”、“普段から掃除している場所”、“除菌できていると思う場所”を聞きました。
まずキッチンでは、「まな板」や「台ふきん」、「排水口受けカゴ」「調理台」「食卓・テーブル」は除菌したいし、普段から掃除もしていると回答している人が半数以上いる中で、“除菌できていると思う”については「まな板」は29.2%、「台ふきん」は24.7%、「排水口受けカゴ」や「調理台」「食卓・テーブル」は1割程度という結果となりました。さらに「排水パイプ」に至っては、“除菌したい”が53.5%と半数以上いるにもかかわらず、“普段から掃除をしている”が28.8%と24ポイントも下がり、“除菌できている”はさらに6.8%と“除菌したい”から46ポイントも下がっていました。このように、“除菌したい”という意向と“除菌できている”という認識には大きな差があることが明らかになりました。

キッチンの中でも、これからの季節に食中毒対策などで最も注意したい「まな板」の洗浄について、普段まな板を使用している主婦に対し最も頻繁に行っている洗浄方法を聞いたところ、72.9%が「食器洗い用洗剤で洗う」でした。

■お風呂の「床」や、トイレの「便器」「便座」「床」、リビングの「カーペットの表」も“除菌意向”は高いが、“除菌できている”という認識が低い
 また、菌が繁殖しやすいトイレの「壁」やリビングの「カーペットの裏」は見落とされがちであることが判明


お風呂まわりについては、「床」や「浴槽」、「排水口」、トイレでは「便器の外側・内側」「便座の表側・裏側」「床」、リビングでは「カーペットの表」「床(フローリング)」は除菌もしたいし、普段から掃除もしていると回答。一方でリビングの「エアコンのフィルター」、玄関の「下駄箱の中」「靴(中・ニオイ)」は除菌したいという意向は高いものの、普段から掃除している率は2割程度にとどまりました。

今回の調査では、尿のはね返りなどにより菌が繁殖しやすいと言われるトイレの「壁」や、ホコリがたまりやすいリビングの「カーペットの裏」「テレビ台の裏」については除菌したいという意向が3割程度と、“菌が繁殖しやすい場所”の一部が意外と見落とされがちであることがわかりました。


【調査概要】
調査期間 :2015年4月13日(月)~4月14日(火)
調査地域 :東京都・千葉県・神奈川県・埼玉県
有効回答数:20~50代既婚女性 884名
調査方法 :インターネットリサーチ
年代割付 :各年代 221名ずつ

詳しいリサーチ内容はネタ元へ
 マイページ TOP