社員食堂に関する調査 

2015年05月20日
総合マーケティング支援を行なうネオマーケティングは、勤めている会社に社員食堂がある全国の20歳~49歳の男女600人を対象に「社員食堂」をテーマにしたインターネットリサーチを実施。

【調査背景】

1899年5月25日に初めて日本に食堂車が誕生しました。現在では学校や会社など様々な食堂があると思います。4月から新入社員となった方は初任給をもらうまでは会社にある社員食堂で安く済ましていたのではないでしょうか。そこで今回は、勤めている会社に社員食堂がある全国の20歳~49歳の男女600人を対象に「社員食堂」をテーマにした調査を行ないました。報道の一資料として、ぜひご活用ください。

【調査結果概要】

【1】社員食堂を利用する理由 第1位「値段が安いから」67.0%
社員食堂を利用する理由をお聞きしたところ、最も多い回答は、「値段が安いから」67.0%となりました。次いで「外で食べるのが面倒だから」33.0%、「外に買いに行くのが面倒だから」31.6%となりました。値段が安く手軽に行けるのが便利なのかもしれません。

【2】6割の人が自分自身で料理してお弁当を持参したことがある
自分自身で料理をしてお弁当を持参したことがあるかをお聞きしたところ、全体では「1回のみある」「複数回ある」合わせて60.0%となりました。男女別では、男性が「1回のみある」「複数回ある」合わせて42.0%、一方女性は、78.0%となりました。

【3】食堂の調理人だったら食べに行きたいと思う人 女性第1位「速水もこみち」48.0%
この人が食堂の調理人だったら食べに行きたいと思う人をお聞きしたところ、全体では「速水もこみち」35.2%となりました。男女別では、男性のトップは「タモリ」32.3%、女性のトップは「速水もこみち」48.0%となりました。女性の約半数は「速水もこみち」の料理を食べてみたいと思っているようです。


【調査概要】
・調査の方法:株式会社ネオマーケティングの運営するアンケートサイト「アイリサーチ」のシステムを利用したWEBアンケート方式で実施
・調査の対象:アイリサーチ登録モニターのうち、勤めている会社に社員食堂がある全国の20歳~49歳
・有効回答数:600名(20代~40代の男女:各100名)
・調査実施日:2015年4月30日(木)~2015年5月1日(金)

詳しいリサーチ内容はネタ元へ
 マイページ TOP