缶チューハイに関する調査 

2015年05月13日
フィールドマーケティング支援サービスを提供するソフトブレーン・フィールドは、クレディセゾンとの共同事業である「Point of Buy(R)購買理由データ」のアンケートモニターのうち、直近1年の間に缶チューハイの購入経験がある3,167名(女性1,857名・男性1,310名、20代~80代)を対象に「缶チューハイ」に関するアンケートを2015年4月17日に実施。

【調査結果】

■缶チューハイを飲むのは男女とも「楽しみたい時」、男性は4人に1人が日常的に飲む

アンケートではまず、缶チューハイを飲むシーンを聞いたところ、男女ともにトップは「お酒を楽しく飲みたい時」(男性31.1%、女性32.8%)でした。
男女で傾向が分かれたのが「日常的に飲む」との回答で、男性は28.0%だったのに対し、女性では21.4%と男性の方が6.6ポイント高い結果となりました。
また、「行楽・イベント時」との回答では逆に、男性は13.3%だったのに対し、女性は18.7%と女性のほうが5.4ポイント高い結果となりました。

■好きな缶チューハイの1位は男女とも「キリン 氷結」、男性2位は「氷結ストロング」、女性2位は「サントリー ほろよい」

アンケートの回答者のうち缶チューハイを購入したが「自分では飲まない」と回答した方を除く2,944名(男性1,258名、女性1,686名)に、好きな缶チューハイを聞いたところ、1位は男女とも「キリン 氷結」(男性58.7%、女性49.2%)でした。男性の2位は、「キリン 氷結ストロング」で25.3%、3位は「サントリー -196℃」で21.1%でした。
一方、女性の2位は「サントリー ほろよい」で42.3%、3位は「サントリー カロリ。」で24.1%でした。

■価格、ブランドの次に重視するのは男性「度数の高さ」、女性「新商品・限定品」

缶チューハイを購入する際のポイントについては、男女とも1位が「価格」(男性67.6%、女性62.9%)、2位が「ブランド」(男性40.9%、女性36.6%)でした。
傾向が分かれたのは3位で、男性では「度数の高さ」が27.0%、女性では「新商品・限定品」が34.0%でそれぞれランクインしました。

■男性・年配層はアルコール度数高めが、女性・若年層はアルコール度数低めが好み

アンケートでは、自分に合っていると思う缶チューハイの度数についても聞きましたが、男性では「1度以下」が5.2%、「2~3度」が15.8%、「4~6度」が49.6%、「7度以上」が29.4%と約3人に1人が「7度以上」のアルコール度数を嗜好していることがわかりました。
女性では「1度以下」が9.3%、「2~3度」が29.4%、「4~6度」が46.5%、「7度以上」が14.8%で、男性とは逆に約3人に1人が「2~3度」のアルコール度数を好む傾向が見られました。

また自分に合っている缶チューハイの度数について年代別に見ると、どの世代でも最も多いのは「4~6度」(20代49.6%、30代43.9%、40代49.6%、50代45.9%、60代52.7%)でしたが、20代、30代、40代では次に多いのが「2~3度」(20代33.1%、30代33.8%、40代22.8%)、逆に50代、60代では「7度以上」(50代26.7%、60代25.7%)となりました。40代については「7度以上」も20.5%で「2~3度」を好む方との差は2.3ポイントでしたが、20~30代と50~60代では、好みのアルコール度数の高低に異なる傾向が表れました。

缶チューハイのアルコール度数の嗜好に関する具体的なコメントを見ると、「2~3度」が好みの方では「あまりお酒が強くないので、家で飲むなら次の日残らない程度の度数がいいと思ったので。」(20代女性、自分に合っていると思う度数:3度〈以下、同〉)、「5%のも売っているがちょっとお酒が強いなと感じたので。ほどよく酔っぱらえて美味しいのが3%」(20代男性、3度)といったようにアルコールに弱いけど、お酒を楽しく飲みたい方や、程よく酔えるといった意見が多数見られました。

「4~6度」が合っているという方の意見では、「個人的にはチューハイは、とりあえずビール!の後に飲む流れが多いです。日本酒等、度数の高いものを飲む前なので、ビールと同じくらいの度数がちょうどいいと思っています。」(30代男性、6度)といったようにビールに近い度数がちょうどいいといった意見や、「普段あまり気にしたことがないのですが、そのくらいならゴクゴク気軽に飲めそうなので。」(50代女性、4度)というように気軽に飲める度数といった意見がありました。

「7度以上」を好まれる方のコメントでは、「辛口が好みで、それを意識すると、どうしても度数が高くなる。」(50代女性、8度)、「度数が低すぎるとジュースみたいで、お酒を飲んでいる感じがしないから。」(40代、男性)といったように味の観点から度数が高めの缶チューハイを選んでいる様子が見受けられました。

甘さや酸味などの味、炭酸やアルコールの強弱、果汁感などのフレーバーなど様々な嗜好で選ぶことのできる缶チューハイ。今回のアンケートでは、男女・年齢を問わず、自分の好きな酔い加減で気軽に楽しめるお酒として缶チューハイを飲んでいる様子がうかがえました。


【調査実施概要】
・対象:株式会社クレディセゾンの運営する「永久不滅.com」の「レシートで貯める」サービス登録会員約およびSBFの登録会員
・調査方法:「レシートで貯める」サービス及び「レシートdeポイント」サービスを活用したインターネットリサーチ
・調査地域:全国
・調査日:2015年4月17日
・有効回答者数:3,167名
・属性:
 [女性] 20代3%、30代 14%、40代 24%、50代 14%、60代以上 4%
 [男性] 20代1%、30代 5%、40代 14%、50代 14%、60代以上 7%

詳しいリサーチ内容はネタ元へ
 マイページ TOP