2015年 正月三が日のテレビCM動向 

2015年01月05日
ビデオリサーチは、関東・関西・名古屋の各民放5局を対象にテレビCMのオンエア状況を調査している「テレビ広告統計」データより、2015年1月1日~3日の間に関東地区でオンエアされたテレビCM動向を取りまとめました。

《2015年1月1日~1月3日 テレビCM動向一覧》

●タレント別出演CM本数

1位 市川 猿之助  2位 E-girls  3位 杏

今年の正月三が日では、企業数で566社(2014年:561社)、CM本数で11,789本(2014年:11,653本)のテレビCMが関東地区でオンエアされました(いずれも速報値、番組宣伝CM等テレビ局のPRは除く)。テレビCMに出演しているタレント別に見てみると、出演が最も多かったのは『市川 猿之助』で、「スズキ」のCMでの出演が目立っておりました。
2位は、「7gogo(トークアプリ 755)」への出演が目立った『E-girls』、3位は「ユーキャン(通信講座案内)」や「スズキ スイフト」への出演が目立った『杏』となっておりました。
特に1位の『市川 猿之助』、2位の『E-girls』は2014年の年始では圏外となっており、大幅に出演CMの本数が増えております。
また、『上戸 彩』(5位)、『武井 咲』(6位)、『渡辺 謙』(13位)、『松坂 桃李』(17位)の4名は昨年も上位20位にランクインしており、本年も継続して出演本数が多くなっています。

●企業別CM本数

1位 スズキ  2位 興和新薬  3位 日産自動車

企業別では、『スズキ』が昨年同様今年も1位となりました。(昨年同時期698本)
2位は、昨年から二つ順位を上げた『興和新薬』(昨年同時期234本)が、また3位には『日産自動車』(昨年同時期198本、昨年順位5位)がランクインしています。
他には5位に『ダイハツ工業』(昨年順位2位)、6位に『本田技研』(昨年同3位)がランクインしており、今年も自動車メーカーが上位に入っています。 

●商品・サービス別CM本数 ※ 

1位 7gogo(トークアプリ 755)
2位 ユーキャン(通信講座案内)
3位 アムタス めちゃコミック

商品・サービス別では、昨年末からTVCMの出稿を開始した『7gogo』が212本でトップ。次いで2位には昨年同様『ユーキャン(通信講座案内)』が、3位に『アムタス めちゃコミック』となっています。
また、5位に『LINE』、10位に『King.com(キャンディ-クラッシュ紹介)』が、6位に『日産製品総合』、8位に『ダイハツ MOVEカスタム』がランクインしており、スマートフォン用アプリサービスや自動車関連のCMが多く出稿されていました。
※商品・サービス分類についてはビデオリサーチ独自の基準に従い集計しています。


集計対象局:関東5局(日本テレビ・テレビ朝日・TBS・テレビ東京・フジテレビ)
集計対象期間:2015年1月1日午前0時~1月3日午後12時未満のオンエアCMを対象
※確定前の速報データによる集計結果ですので、参考値であることをご了承ください。

詳しいリサーチ内容はネタ元へ
 マイページ TOP