冷え性に関する調査 

2014年12月17日
ライフメディアは、冷え性に関する調査を実施。調査方法は運営する『ライフメディア』にてインターネットリサーチを実施。

【調査サマリー】

■10代から60代の全国男女に寒い季節に気になる体調の変化を尋ねたところ、「足の冷え(49%)」「手の冷え(39%)」「肩こり(34%)」が上位になった。全般的に男性より、女性の方が「気になる」項目が多い結果になった。

■10代から60代の全国男女に自身が冷え性だと思うか尋ねたところ、28%が「冷え性である」と回答した。「冷え性かもしれない」と回答した人は35%で、64%が冷え性、または冷え性の疑いがあると感じている。

■冷え性だと回答した人に対し、冷えを感じる季節を尋ねたところ、75%が「冬」と回答。「1年中」と回答したのは23%だった。

■10代から60代の全国男女に冷え性対策に食事で気をつけていることがあるか尋ねたところ、男性は「特になし」、女性は「体を温める効果のある食材を食べる」とした人がもっとも多かった。

■10代から60代の全国男女に冷え性対策に服装で気をつけていることがあるか尋ねたところ、男性は「特になし」、女性は「厚手の靴下やタイツをはく」と回答した人が多かった。女性は、服装などで冷え性対策をしている人が多い傾向が見られる。

■10代から60代の全国男女に冷え性対策に日常生活で気をつけていることがあるか尋ねたところ、男性は「特になし」、女性は「湯船にしっかりつかる」という人が多い結果になった。


【調査概要】
調査期間:2014年12月5日から12月10日
有効回答:1200サンプル
調査対象:10代から60代の全国男女

詳しいリサーチ内容はネタ元へ
 マイページ TOP