ベネッセホールディングスの社内シンクタンク「ベネッセ教育総合研究所」は、2014年2月~3月に、全国28の中学校・高校に協力いただき、中学1年生~高校2年生9,468人を対象にしたICTメディアの利用実態・意識に関する調査を実施。

現在、多くの中学生・高校生がICTメディアを利用しています。そうした状況は、子どもたちの生活や文化にどのような影響を与えているのでしょうか。本調査は、できる限り子どもたちの目線で、ICT利用の現状と彼らの本音を明らかにしようとしているのが特徴です。

【主な調査結果】

スマホなしでもインターネットにつながる中学生
1. 中学生87%、高校生97%がインターネットを利用。中学生のアクセスデバイスは多様に。

・中学生の87.3%、高校生の96.9%が、ふだんインターネットやメールを使っていると回答(「使っている」と「ときどき使っている」の合計)。中学生でも9割近くがインターネットを利用している。

・インターネット利用者にアクセスツールをたずねたところ、「スマートフォン」は高校生で86.1%と高いものの、中学生は42.1%にとどまる。中学生は「パソコン」(54.6%)、「携帯音楽プレーヤー」(28.5%)、「タブレット端末」(18.7%)、「ゲーム機」(23.8%)など、いろいろな方法でアクセスしている(複数回答)。


インターネットがコミュニケーションに不可欠に
2. ネット上でコミュニケーションをしている中学生の63%、高校生の60%が、「メールがきたらすぐに返事」。

・中学生の64.8%、高校生の92.1%が、コミュニケーションを目的にインターネットを利用している(メール、チャット(LINEなど)、Twitter、SNSのいずれかを週1回以上行っている比率)。1日のコミュニケーション目的での利用時間(平均)は1時間を超え、仲間とのやりとりに欠かせないツールになっている。

・インターネット利用者のうち、「メールがきたらすぐに返事を出す」のは中学生で63.3%、高校生で59.8%。コミュニケーションを大切にしている様子がうかがえるが、「メールのやりとりが嫌になることがある」(中学生28.2%、高校生51.6%)、「メールやチャットを終えるタイミングが難しい」(中学生31.6%、高校生40.4%)といったわずらわしさを感じる中高生も多い。


オンライン上で広がる「趣味」のつながり
3. 中高生の5人に1人はオンライン上で趣味の発信やコミュニティへの参加をしている。

・インターネット利用者のうち、オンライン上で知り合った人がいる比率は、中学生で24.7%、高校生で24.3%。およそ4分の1が、本来ならば知り合いにはなりにくかった人とのつながりを持っている。

・また、中学生の21.8%、高校生の22.4%が、オンライン上で趣味のつながり(情報発信やコミュニティ参加)があると回答。インターネットが共通の趣味を持つ人とつながるツールになっている。


情報の入手にもインターネットが欠かせない
4. 中学生の50%、高校生の68%がインターネット経由で社会のできごとに関する情報を入手。

・社会のできごとに関する情報(ニュース)の入手にインターネットを使う比率*は、中学生で50.2%、高校生で68.3%と半数を超える。とくに「Twitter」の利用率が高く、高校生では39.6%で、「家族との会話」(35.1%)や「友だちからの口コミ」(21.9%)を上回る。*「新聞社のニュースサイト」「ポータルサイトの運営するニュースサイト」「LINE」「Twitter」「SNSサイト」「インターネットの掲示板」「インターネットのまとめサイト」のいずれかを選択。

・ただし、「インターネット上の情報について、正しさを確認する方法がわからない」と不安を感じている子どもも多く、中学生の38.9%、高校生の49.2%が「あてはまる」(とても+まあ)と回答。


勉強のときも「デバイス片手に」が普通に
5. 高校生の4割が、勉強中にもメールやチャット。友だちへの質問に使う割合も、5割近くいる。

・「メールやチャット(LINEなど)を書きながら(返事を出す場合も含む)」勉強することがある比率は、中学生で24.3%、高校生で37.5%。一定の割合の中高生が、勉強のときにもコミュニケーションで使用している。

・勉強への利用も進む。「辞書を使う」(中学生45.6%、高校生48.3%)、「メールやチャットで友だちに質問」(中学生26.4%、高校生48.3%)、「レポートの情報収集」(中学生30.2%、高校生45.0%)などが多い。


【調査概要】
・名称 中高生のICT利用実態調査
・調査テーマ 中学生・高校生のICTメディアの利用実態と意識
・調査方法 学校通しの質問紙による自記式調査
・調査時期 2014年2月~3月
・調査対象 中学1年生~高校2年生 9,468名(有効回答数)
 中学生:3,203名(13校) 高校生:6,265名(15校)
※中学生については、大都市(東京23区内)、中都市(地方中規模都市)、郡部(町村部)の3地域区分を設定してサンプルを抽出。
※高校生については、上記に準じる地域区分に加え、学校の偏差値層を考慮してサンプルを抽出。対象校は全日制普通科(理数科含む。)
※調査対象校はすべて公立。
・調査項目 ICTメディアの利用/インターネットの利用内容/利用時間/情報発信行動/コミュニケーションツールの利用/オンラインで知り合った友だち/ルールや自制意識/オンラインでのコミュニケーションに対する意識/ICTメディアの学習利用/ながら学習/趣味のつながり/社会のできごとに関する情報源/情報リテラシー など
・調査・分析 協力者
木村 忠正 先生(東京大学 教授)・中西 新太郎 先生(元横浜市立大学 教授)・藤川 大祐 先生(千葉大学 教授)

詳しいリサーチ内容はネタ元へ
リンク先リサーチPDF
 マイページ TOP