2014年 年末年始旅行先調査 

2014年11月21日
スカイスキャナーは2014年年末年始の日本の消費者の予定渡航先について、自社サイトの検索データから調査を行った。

【調査結果】

その結果、円高だった2012年の同時期より海外観光地の人気がやや高くなっていることが明らかになりました。

人気渡航先比較(国・地域別)
1位 タイ
2位 日本
3位 米国
4位 台湾
5位 中国

国別のデータでは、日本を除く希望渡航先の上位5位までがタイ、米国、台湾、中国、韓国となっており、2012年と2014年では同じ国々が占めています。日本を含めた場合、2014年ではタイに次ぐ2位の検索数となっていますが、30位までの総検索数242,095件のうちのわずか10.4%に当たり、海外への渡航希望者は圧倒的な数であることが分かります。30位までの米州・ヨーロッパの渡航先数は、2012年の8カ国から2014年の10カ国に増加しており、遠い国の人気が2012年より上昇しています。

2.人気渡航先比較(都市別)
1位 バンコク
2位 台北
3位 香港
4位 ソウル
5位 シンガポール

都市別では、2012年と2014年の1位から6位までを同じ都市が占めており、バンコク、台北、香港、ソウル、シンガポール、ロンドンが変わらず人気です。2014年は、遠隔地の中ではホノルルやニューヨークの順位が10位から7位、18位から11位と比較的大きく上昇しています。日本の都市の中では2012年は東京のみ15位内にランクインしていましたが、2014年は札幌が12位、東京が13位となっています。30位内にランクインした米州・ヨーロッパの都市も2012年の7都市から8都市に増加しました。

以上から円安と言われている現在でも、年末から新年の9連休を海外や、札幌などの国内の遠い都市で過ごそうとする日本の消費者が多いことが分かります。

詳しいリサーチ内容はネタ元へ
 マイページ TOP