マイボイスコムは、3回目となる『健康食品』に関するインターネット調査を2014年9月1日~5日に実施し、12,060件の回答を集めました。

【調査TOPICS】

■健康維持や増進に役立つ食品・飲料のうち、「サプリメント、ビタミン剤」「発酵食品」の利用者は各3割前後、「栄養ドリンク」「特定保健用食品」は各2割弱

■健康食品の利用経験者は7割弱。現在利用者は5割弱で、女性や高年代層で多い傾向


【調査結果】

◆健康維持や増進に役立つ食品・飲料の利用状況
健康維持や増進に役立つ食品・飲料の利用状況は、「サプリメント、ビタミン剤」「発酵食品(納豆、ヨーグルトなど)」が各3割前後、「栄養ドリンク」「特定保健用食品(トクホ)」が各2割弱となっています。「サプリメント、ビタミン剤」「発酵食品」は女性、特に高年代層で多い傾向です。

◆健康食品の利用状況
健康食品の利用経験者は7割弱です。現在利用している人は、「ほとんど毎日」「たまに」を合わせて49.5%で、女性や高年代層で多い傾向です。

◆健康食品の購入場所、選定時の重視点
健康食品の購入場所は、「ドラッグストア」「スーパー」「インターネット通販」が上位3位です。選定時の重視点を聞いたところ、「価格」「効能・効果」が各4~5割、「味」「安全性」「栄養成分」「国産かどうか」「原材料」が各3~4割となっています。女性50代以上では、「効能・効果」「安全性」が上位2位です。また、「国産かどうか」「原材料」も女性で年代が上がるほど多い傾向です。

◆健康食品に期待する効果、健康食品に関する情報源
健康食品に期待する効果は、「健康維持」(61.3%)が最も多く、次いで「疲労回復」(36.9%)、以下「整腸効果」「体力増進」「滋養強壮」「免疫力・抵抗力向上」「栄養素の補給」が各2割弱で続きます。

健康食品に関する情報源は、「テレビ番組・CM」(41.3%)が最も多く、「インターネットの広告」「家族や友人、知人」「新聞」が各2割弱となっています。


【調査概要】
調査対象:「MyVoice」のアンケートモニター
調査方法:インターネット調査(ネットリサーチ)
調査時期:2014年9月1日~9月5日
調査機関:マイボイスコム株式会社
回答者数:12,060名

その他、詳しいリサーチ内容はネタ元へ
 マイページ TOP