中華料理に関する調査 

2014年09月25日
マイボイスコムは、2回目となる『中華料理』に関するインターネット調査を2014年8月1日~5日に実施し、10,218件の回答を集めました。

【調査TOPICS】

■中華料理が好きな人は8割強。好きな中華メニューは、「餃子」「麻婆豆腐」「チャーハン」がトップ3

■中華料理のイメージは「庶民的」「こってりした」「味が濃い」「大勢で楽しむ」「スタミナがつく」などが上位


【調査結果】

◆好きな中華料理のメニュー
中華料理が好きな人は82.7%です。好きな中華料理のメニューは、「餃子」「麻婆豆腐」「チャーハン」が各6~7割でトップ3、以下「酢豚」「チンジャオロース」「春巻」「シュウマイ」「小龍包」が各5割で続きます。「春巻」「小龍包」は、女性が男性を約17~18ポイント上回ります。また、「エビチリ」「中華まん」「麻婆茄子」「棒々鶏」「油淋鶏」「麻婆春雨」「中華ちまき」も女性が多く、10ポイント以上の男女差があります。

◆自宅で中華料理を食べる頻度、メニュー
自宅で中華料理を食べる頻度は「月に2~3回くらい」がボリュームゾーンで、週1回以上が3割強です。20代の頻度が最も低く、年代が上がるほど高くなります。

自宅で食べる中華料理のメニューは、「餃子」「麻婆豆腐」が6~7割でトップ2、以下「チャーハン」「シュウマイ」「チンジャオロース」「麻婆茄子」「酢豚」「春巻」が続きます。東北では「麻婆豆腐」が他地域より多くなっています。

◆自宅で食べる中華料理の準備方法、重視点
自宅で食べる中華料理は、「自分や家族の手作り」が66.1%、「料理の素やあわせ調味料などを利用する」「冷凍食品、レトルト食品」が各4~5割となっています。

自宅で中華料理を食べる際の重視点は、「価格」「野菜をたくさん食べる」「味がしっかりついている」「原材料」「栄養バランス」が上位にあがっています。「野菜をたくさん食べる」は女性で多く、女性50代以上では最も多い項目です。「原材料」「栄養バランス」「素材の味を生かす」なども、女性50代以上で比率が高くなっています。

◆中華料理のイメージ
中華料理のイメージは、「庶民的」「こってりした」「味が濃い」「大勢で楽しむ」「スタミナがつく」などが上位にあがっています。「見栄えがしない」「低カロリー」「味が薄い」「革新的」などは比率が低くなっています。女性40代以下と男性20・30代では「こってりした」が1位です。「華やか」は10・20代、「庶民的」は40代以上で多くなっています。


【調査概要】
調査対象:「MyVoice」のアンケートモニター
調査方法:インターネット調査(ネットリサーチ)
調査時期:2014年8月1日~8月5日
調査機関:マイボイスコム株式会社
回答者数:10,218名

その他、詳しいリサーチ内容はネタ元へ
 マイページ TOP