トリップアドバイザー、は、トリップアドバイザー上の宿泊施設ページにおけるエンゲージメントに関する調査結果を発表。本調査は、サンプルとして抽出されたトリップアドバイザー上の宿泊施設ページに掲載されている口コミ件数とそれに対する宿泊施設側からの返信件数、写真や動画の数を分析し、どの要素が最も旅行者を刺激し、トリップアドバイザー上の宿泊施設ページや予約問い合わせボタンのクリックなど、旅行者のエンゲージメントに繋がるのかを明らかにしたものです。

【調査結果】

●トリップアドバイザー上の宿泊施設ページに掲載されているエンゲージメントを促す要素 (影響度が高い順)

1. 投稿写真の数

2. その宿泊施設に寄せられた全口コミ件数

3. 過去1年間の宿泊施設側からの返信件数過去1年間の口コミ件数

4. 過去1年間の口コミ件数


●口コミへの返信と写真の枚数は、予約を増やす秘訣
投稿された口コミに対して宿泊施設が返信をしている場合、返信をしていない施設と比べて、予約に結びつく割合が21%高まっていました。半数以上の口コミに返信している宿泊施設においては、返信していない施設と比べて予約に結びつく割合が24%高まっていることが分かりました。

トリップアドバイザー上の宿泊施設ページに写真が投稿されているかどうかも、予約に結びつく重要な要素でした。1枚でも投稿写真がある宿泊施設は、写真がない施設と比べて225%、100枚以上写真がある場合は238%も予約に結びつく割合が高まることが分かりました。

●「百聞は一見にしかず」、たくさんの写真がカギ
写真は非常に重要な要素で、旅行者のエンゲージメント高めます。宿泊施設に1枚でも写真の投稿があると、写真が無い場合と比較して138%エンゲージメントが高まっていました。写真の数が増えれば増えるだけ、エンゲージメントが高まることも明らかになりました。100枚以上写真がある宿泊施設は151%、1,000枚以上では203%エンゲージメントが高まるという数字がそれを物語っています。

●口コミに返信をすることが、更なるエンゲージメントと高評価へいざなう
旅行者と対話することも重要です。宿泊施設が口コミに多く返信することで、口コミ評価が上がること、またエンゲージメントも高まることが明らかになりました。

旅行者から投稿された口コミに対して1件でも返信している宿泊施設は返信を全くしていない施設に比べて17%、最低13%の口コミに返信している施設については21%エンゲージメントが高まることが分かりました。

同様に、宿泊施設による口コミへの返信はトリップアドバイザー上での高評価につながることも分かりました。口コミへの返信なしの場合は5点満点で平均評価点3.81、寄せられた口コミのうち、5~40%に返信した場合は4.04、40~65%に返信した場合では4.05、65%以上に返信した場合には4.15のスコアを得ていることが判明しました。


【調査概要】
・調査方法:最も口コミが投稿されている25都市の宿泊施設からサンプルを抽出。宿泊施設の口コミ返信率、また旅行者の関与度(トリップアドバイザー閲覧時のクリック数、宿泊問い合わせボタンのクリック数)と口コミ評価点の変動を、掲載されているコンテンツ(口コミ件数、写真や動画件数等を指標に分析。
・対象都市:ロンドン、ローマ、パリ、ニューヨーク、ラスベガス、バルセロナ、オーランド、ミラノ、フィレンツェ、バンコク、サンフランシスコ、イスタンブール、アムステルダム、ベルリン、マドリード、プラハ、エジンバラ、ヴェニス、シカゴ、ブエノスアイレス、シンガポール、ダブリン、マラケシュ、ニューオリンズ
・実施日時:2014年7月7日~8月7日

その他、詳しいリサーチ内容はネタ元へ
 マイページ TOP