中高における英語教育実態調査 

2014年08月27日
英会話教室を運営するイーオンは、中学・高校で英語を教えている現役教師90名を対象に、「中高における英語教育実態調査」を実施。

文部科学省が進める「グローバル化に対応した英語教育改革実施計画」により、高校ではすでに“英語で英語を教える”授業の実施が始まるなど、従来の文法・読解中心の教育から、より使える英語としての“4技能の総合的育成”が進んでいます。またそれに伴い、大学入試英語への外部試験導入が議論されるなど、英語教育の現場は大きな転換点を迎えつつあります。

そこで今回、イーオンでは、「授業を行うにあたり困難に感じていること」や「自身の学習状況」「大学入試への外部試験導入についての考え」など、実際に現場で生徒に英語を教えている現役教師の方がどのように考えているのかを調査しました。

【調査結果トピックス】

■先生が最もサポートを必要だと感じているのは、中高ともに「英語で文法を 教える」こと。
 「スピーキング指導」「ライティング指導」が上位で続くなど “4技能化”の影響も。


現在の授業、教授法について、サポートが必要であると感じていることや、困難に思っていることについて尋ねたところ、「英語で文法を教える」ことを挙げる先生が46名と過半数にのぼる結果となりました。以下「スピーキング指導」「ライティング指導」など、「4技能」化にともない、重要度が増している項目についての不安が続くほか、英語を英語で教える基礎となる「クラスルームイングリッシュ」も上位に挙げられる結果となりました。

■「教科書にもっと盛り込んで欲しいと思うスキル」のトップは「プレゼンテーション」。
 特に高校では「スピーチ」「ディスカッション」が上位になるなど「話す」スキルが上位に。


現在の中学・高校の英語教育で、教科書にもっと盛り込んで欲しいと思うスキルについては、中高ともに「プレゼンテーション」がトップとなりました。高校では「スピーチ」も同数でトップに並び、3位には「ディスカッション」が続くなど、「話す」ことについてより重要視している傾向が見られた一方、中学では「フォニックス」が3位になるなど、より基礎的な項目が挙げられる傾向が見られました。

■自身の英語スキルアップに費やせる時間が、1日1時間に満たない先生が中高とも8割以上。
 中学では「全く取れない」という先生が3割を超える結果に。


先生自身の英語力アップのための取り組みについて、どれぐらい日常的に時間をさけているのかを尋ねたところ、中高ともに1日1時間未満(全く取れないを含む)という回答が8割を超える結果となり、特に中学では「全く取れない」が3割を超えました。週単位でみると、「週1~3時間」が中高とも最も多い結果となりました。具体的な取り組みとしては、中高とも「書籍・教材による学習」がトップとなりました。

■大学受験・英語科目への外部試験導入について、「賛成」が中高とも多数派。
 導入にふさわしい試験は「TOEFL」がトップに。


近年議論が高まっている大学入試での英語科目の外部試験導入について、どのように考えているのかを尋ねたところ、外部試験導入に賛成する声が中高ともに過半数を超える結果となりました。高校ではほぼ半々となった一方、中学では約4分の3が賛成となりました。また賛成と答えた先生には、どの外部試験がふさわしいかも挙げてもらったところ、中高ともにTOEFLがトップとなり、以下、中学ではTOEICと英検が同数で2位に並び、高校は2位にTOEIC、3位に英検・TEAPが同数で並ぶ結果となりました。


その他、詳しいリサーチ内容はネタ元へ
 マイページ TOP