「夏バテと食生活」に関する調査 

2014年07月25日
タキイ種苗は、暑さが強まり食欲が落ちがちなこの季節に“食”、特に夏バテに効果があると思われている「夏野菜」について注目し、「夏バテと食生活」に関する調査を20~60代の男女340名を対象に実施。

【調査結果】

今回の調査では、「これまでに夏バテを感じたことはありますか」や「日々の生活で夏バテに効果があると思われることは何ですか」など夏バテと生活習慣、食生活について着目しました。その中で、「夏バテを感じたことがある」人は、「よくある」(12.4%)、「ときどきある」(45.0%)を合わせて、57.4%の半数以上が感じたことがあることが明らかになりました。また、夏バテに効果があると思う生活習慣は、「睡眠をよくとる」(70.6%)の他に、「水分を多めにとる」(50.6%)や「冷たい食べ物をとりすぎない」(48.8%)など食生活にも気を付けることが重要と考えている人が多数いることが分かりました。

一方で、「夏バテ防止には野菜を摂取すると効果があると思いますか」という質問には、「思う」(27.6%)、「やや思う」(47.1%)を合わせて74.7%以上の人が野菜に夏バテ防止効果を期待していることが分かり、さらに「効果がある」と感じる野菜は、「トマト」(49.4%)、「にんにく」(31.2%)、「ゴーヤ」(24.7%)の順位となりました。近年、農業技術の進歩や品種改良などにより様々な種類の野菜が年間を通して入手できる中、多くの人が夏野菜を選び、潜在的に夏野菜が夏バテに効果があると期待していることが分かりました。


【調査概要】
調査期間:2014年7月8日(火)~11日(金)
調査方法:インターネット調査
調査対象者:全国の20~60代の男性・女性
有効回答数:340サンプル

その他、詳しいリサーチ内容はネタ元へ
 マイページ TOP