惣菜・中食(なかしょく)に関する調査 

2014年04月23日
GMOリサーチは、GMOリサーチが保有する日本のモニターと中国の提携モニターを対象に「惣菜・中食(なかしょく)に関する調査」を実施。

【調査背景】

昨今の日本では、高齢者の増加や女性の社会進出、ライフスタイルの変化を背景に「食」のあり方も変化してきています。そういった変化の影響を受け、そのまま食事として食べられるような状態に調理・販売されている、惣菜・中食(なかしょく)の市場が数年前から拡大の一途をたどっています。
一方、『小吃』に代表される独特の食文化を持つ中国では、日常の食生活における惣菜・中食の位置づけにも文化の影響が色濃く現れている様子が見受けられます。
そこでGMOリサーチでは、日中両国の惣菜・中食に関する消費者実態を把握するため、両国のモニターを対象にインターネットでのアンケートを実施いたしました。

※本調査における惣菜・中食(なかしょく)とは下記と定義します。
(1)店で購入し家庭や職場などへ持ち帰り食べる食品 /(2)外食と家庭で調理する内食の中間に位置する「調理済み持ち帰り食品」(3)外食と内食の中間に位置する為、中食(なかしょく)とも呼ばれる /(4)長期保存できず、購入当日~数日の間に食べなければならない食品(5)冷凍食品、冷蔵食品(チルド食品)、レトルト食品、レンジ食品などを除く

【調査結果】

■惣菜・中食の利用について

・日本・中国の各国1,000名のモニターへ惣菜・中食の利用経験ついて質問したところ、日本では84.8%、中国では97.7%と、両国ともほとんどの人が普段の食事に惣菜・中食を取り入れていることがわかった。

・惣菜・中食の利用経験がある回答者のうち、日本では61.4%が惣菜・中食を「夕食として利用する」と回答しており、惣菜・中食が家庭料理の代用品といえる位置にあることがうかがえる。

・「朝食として利用する」と回答したのは、日本ではわずか1.7%だったのに対して中国では約17倍の29.7%となった。中国では朝食に惣菜・中食を取り入れる食文化が根付いている様子がうかがえる。また、惣菜・中食を朝食に利用すると回答した中国のモニター290人の内訳は、男性女性問わず50代、60代の数値が比較的高く、中高年の利用が多い。

・日本における惣菜・中食の利用目的は、「自分用の食事を作る手間を省くため」が41.6%と最も高く、反対に中国では「食事にもう1~2品目追加したいため」が49.5%ともっとも高い数値となり、日本と中国での惣菜の位置づけが異なっていることが判明した。

・惣菜・中食についての情報で参考にするものは、日本では「店頭の商品や広告を見て」が一番高く、実際に店頭で商品を見て判断している。一方中国では「自分で食べて評価する」が72.7%、ついで「口コミ」が67.0%となり、広告や見た目より、自分や知り合いの考えや意見にもとづいて決める様子がうかがえる。

 
■惣菜・中食の購入について

・購入場所は日本・中国ともに「スーパーマーケット」(日本:87.0%、 中国:72.3%)が高い数値となった。中国では「惣菜専門店」で購入すると回答した人が日本の4倍以上となっており、『小吃(シャオチー)』とよばれる中国の食文化が垣間見える結果となった。

・購入の際に重視することについては、日本・中国ともに「美味しいこと」(日本64.7%、中国69.2%)が高い割合を示した。一方、日本では「価格が安いこと」(57.1%)が比較的重視されるのに対し、中国では「生産者や販売者の信頼性」(72.0%)や、「素材が新鮮であること」(65.3%)が高い割合で重視されることがわかった。いわゆる「食の安全」に対して業者での信頼が厚い日本に比べて、中国では多くの人が懸念しているとこがうかがえる結果となった。


【調査概要】
調査テーマ:惣菜・中食(なかしょく)に関する調査について
調査地域:日本、中国
調査対象:20代以上の男女 各国1,000名ずつ 計2,000名
調査期間:2014年3月7日~2014年3月17日
調査方法:インターネット調査(クローズド調査)

その他、詳しいリサーチ内容はネタ元へ
 マイページ TOP