浄水器・整水器市場に関する調査 2013 

2014年04月02日
矢野経済研究所は、国内の家庭用浄水器・整水器市場の調査を実施。本調査における浄水器・整水器とは、主に家庭用の浄水器・整水器をさし、その形状および品目は7種あり、蛇口直結型浄水器、蛇口一体型浄水器、ビルトイン型浄水器、据置型浄水器、卓上型浄水器、浄水シャワー、アルカリイオン整水器を対象とする。なお市場規模算出については浄水器本体を対象とし、カートリッジを含まない。

【調査結果サマリー】

◆ 2012年度の浄水器・整水器市場規模は前年度比98.6%の415億円

2012年度の浄水器・整水器市場規模はメーカー出荷金額ベースで前年度比98.6%の415億円であった。新築住宅市場で設置比率を高めている蛇口一体型や低単価な卓上型の出荷台数が堅調に推移する中、ビルトイン型や据置型などの高単価な浄水器の出荷動向が低調だったことが影響した。

◆ 蛇口一体型とビルトイン型の新築住宅市場における設置比率が高まる
新築住宅のキッチンにおける初期導入設備として、浄水器の設置比率が年々高まっている。水栓機器と一体となった蛇口一体型浄水器だけでなく、高級感のあるデザインと高機能大容量の浄水性能を持つビルトイン型浄水器が2013年度に入ってから設置が増加傾向にある。

◆ 2014年度の市場規模は前年度比102.7%の460億円を予測、新築住宅における浄水器・整水器設置は増加傾向の見通し
2013年度の浄水器・整水器市場規模(メーカー出荷金額ベース)は前年度比108.0%の448億円、2014年度は同102.7%の460億円を予測する。浄水器は、新築住宅における設置の増加傾向が今後も続く見通しであり、整水器についても消費者の関心の高まりを背景にメーカー各社の販促が加速し、出荷台数の増加が見込まれる。


【調査概要】
調査期間:2013年12月~2014年2月
調査対象:浄水器メーカー、整水器メーカー、業界関連団体等
調査方法:当社専門研究員による直接面談、電話によるヒアリング、ならびに文献資料調査等併用

その他、詳しいリサーチ内容はネタ元へ
 マイページ TOP