「自分だけの贅沢」に関する調査 

2014年01月23日
リクルートマーケティングパートナーズが運営する『ゼクシィnet』は、「どこまでが許容範囲?自分だけの贅沢」と題するアンケート調査をゼクシィnetユーザー231名に対して実施。

【調査結果】

◆結婚しても84%が「自分だけの贅沢」あり

Q.パートナーと暮らすようになってからも「自分だけの贅沢」をすることはありますか? (回答者数:144)

ある 84%
ない 16%

Q.それはどのような贅沢ですか?(回答者数:121 複数回答)

1位:飲食 90人
2位:エステ・美容 66人
3位:ファッション 53人
4位:エンターテインメント(映画鑑賞・観劇など) 25人
4位:趣味 25人

Q.どのくらいの頻度で行っていますか?(回答者数:120)

今までに一度だけ 1%
ほぼ毎日 3%
週に1~2度程度 14%
月に1~2度程度 50%
半年に1~2度程度 24%
年に一度程度 4%
特別な時 4%

Q.その贅沢の1回当たりの費用はいくらですか?(回答者数:121)

10万1円以上 3%
5万1円~10万円 2%
3万1円~5万円 7%
1万1円~3万円 22%
5001円~1万円 22%
1001円~5000円 23%
1000円~1円 19%
0円 2%

既婚者および、すでにパートナーと生活を共にしている人のうち、「自分だけの贅沢」をすることがある人は84%。結婚してもほとんどの人が、「自分だけの贅沢」を我慢していないことがわかりました。その中身で最も多かったのが、「飲食」(90人)、次いで「エステ・美容」(66人)。頻度については、「月に1~2度」が半数(50%)で、費用は1000円~3万円と幅広く分散しました。

◆パートナーに許可を取る人、自由にやる人、ほぼ半々

Q.その贅沢のことを、パートナーは知っていますか?(回答者数:121)

内緒 5%
許可を取った 44%
自由にやっている(特に気にしていない) 51%

「自分だけの贅沢」をパートナーに「内緒」にした人は5%とわずかでしたが、許可を取るかどうかは、「許可を取った」44%、「自由にやっている(特に気にしていない)」51%と意見が二分。「許可を取った」派からは、「ふたりのお金だから」(29歳女性/彼34歳)などふたりのつながりを意識する声が、「自由にやっている」派からは「自分の給料内でできることだから」(31歳女性/彼37歳)など自立を意識する声が多く聞かれました。

◆工夫やマイルールで、パートナーへ気遣いも

Q.「自分だけの贅沢」で失敗・後悔した(またはパートナーから何か言われた)ことはありますか?(回答者数:121)

ある 17%
ない 83%

「自分だけの贅沢」による失敗やパートナーからの苦言は、83%が「ない」と回答。大きなトラブルに発展することはあまりないことがわかりました。とはいえ、「料理づくりや片づけなどをしっかり頑張ってから許可を取る」(33歳女性/彼29歳)のように、家事を怠らないよう心掛けたり、「これ以上はNG」「贅沢の後はこうしている」などのマイルールをつくり、気を遣っているというコメントも多数見られました。


【調査概要】
調査期間:2013年10月23日~2013年11月21日
調査回答数:結婚準備中のゼクシィnetユーザー231人

その他、詳しいリサーチ内容はネタ元へ
 マイページ TOP