食用油に関する調査 

2013年12月03日
マイボイスコムは、『食用油』に関してインターネット調査(第2回目の調査)を実施し、2013年11月1日~5日に11,679件の回答を集めた。

【調査TOPICS】

■食用油を「ほとんど毎日」料理に使う人は3割弱、「週4~5回」「週2~3回」が各2割弱。利用シーンは「炒めもの」「揚げもの」「焼きもの」の順で多く、キャノーラ油主利用者では「揚げもの」の比率が高い

■食用油利用者では「ほとんどの料理で同じ種類の食用油を使う」が半数強、「大体同じ食用油だが特定の料理については別の種類を使う」が3割、「料理によって種類を使い分けることの方が多い」が2割弱。食用油を使い分ける人女性では高年代層ほど多い傾向

【調査結果】

◆料理に使う食用油

料理に使う食用油は「サラダ油」「オリーブオイル」「ごま油」「キャノーラ油、菜種油」が各4~5割で上位となっています。「キャノーラ油、菜種油」は、女性高年代層ほど多い傾向があり、年代差が大きくなっています。

◆食用油の利用頻度、利用シーン、使い分け

食用油の利用頻度は「ほとんど毎日」が27.8%、「週4~5回」「週2~3回」が各2割弱です。女性30代以上では「ほとんど毎日」が4~5割を占めます。

利用シーンは、「炒めもの」(92.7%)が最も多く、「揚げもの」「焼きもの」が各5~6割で続きます。男性10~40代、女性10・20代では揚げものよりも「焼きもの」の方が多くなっています。主利用銘柄別にみると、『日清キャノーラ油』『AJINOMOTO さらさらキャノーラ油』『昭和産業 キャノーラ油』などキャノーラ油主利用者では、「揚げもの」が他の層より比率が高くなっています。

料理によっての食用油を使い分けるかを聞いたところ、「ほとんどの料理で同じ種類の食用油を使う」が51.9%、「大体同じ食用油だが、特定の料理については別の種類を使う」が30.4%、「料理によって種類を使い分けることの方が多い」が15.2%となっています。食用油を使い分ける人は女性で多く、女性高年代層ほど多い傾向です。

◆直近1年以内に利用した食用油の銘柄

直近1年以内に利用した食用油は「日清キャノーラ油」「AJINOMOTO さらさらキャノーラ油」「日清サラダ油」が上位3位です。最もよく利用した銘柄は「日清キャノーラ油」が23.2%、「日清サラダ油」「AJINOMOTO さらさらキャノーラ油」が各1割強となっています。

◆食用油購入時の重視点

食用油利用者の、購入時の重視点は「価格」(52.9%)、「油の種類」(36.2%)に続き、「容量、サイズ」「味」「原材料」「メーカー」「成分、添加物」などが各2割前後で上位にあがっています。「油の種類」「容量、サイズ」は、女性が男性を10ポイント以上上回ります。主利用銘柄別にみると、『日清ヘルシーリセッタ』主利用者では「体脂肪がつきにくい」、『AJINOMOTO 健康サララ』『日清ヘルシーコレステ』主利用者では「コレステロールを下げる」、『AJINOMOTO グレープシードオイル』主利用者では「味」が最も多くなっています。


【調査概要】
調査対象:「MyVoice」のアンケートモニター
調査方法:インターネット調査(ネットリサーチ)
調査時期:2013年11月1日~11月5日
調査機関:マイボイスコム株式会社
回答者数:11,679名

その他、詳しいリサーチ内容はネタ元へ
 マイページ TOP