主婦のキッチンや料理に関する意識・実態調査 

2013年04月05日
パナソニック エコソリューションズ社は、主婦のキッチンや料理に関する意識・実態の把握を目的に大都市圏在住の30~50歳代の主婦1000人を対象としたアンケート調査を2013年2月に実施しました。

今回の調査では、首都圏、東海圏、近畿圏の主婦1000人を対象に調査を実施。家事への不満や困りごとなどを中心に調査を行い、改めて「家事の大変さ」が納得できる結果となりました。

主な調査結果では、
●「家事の時間を減らして時間を有効に使用したい」     85.4%
●「家事が楽になる商品やサービスは積極的に取り入れたい」     67.9%
●「できれば、市販の惣菜を買うより、自分で料理を作りたい」     79.9%
●「料理の手間を省くための工夫をしている」     76.5%

と料理への意欲は高く、さまざまな工夫を取り入れているのに、キッチンが片付かないという事実がわかりました。

その原因のひとつとして、
●「家族揃っての夕食の回数が減っている」     49.8%
●「家族揃っての夕食は週に2~3回」     36.0%

と家族がバラバラに食事をすることも多く見られ、その結果、主婦が食事を用意する回数が増加し、いくら工夫を取り入れても、キッチンでの作業時間を減らすことができないという現状が推察されます。

今回、一風変わったアンケートも実施。主婦が夕食時に出掛ける際に作り置きする料理メニューは、
●1位「カレーライス」    83.0%
●2位「おでん」     34.8%

と圧倒的にカレーライスが多く、子どもたちが大好きなカレーライスは、「食べる時はママがいない!」 という傾向にあることが読み取れました。


【調査概要】
・調査目的:主婦のキッチンや料理などに関する意識・実態の把握
・調査方法:インターネットリサーチ 株式会社クロスマーケティング「Research Panel」モニター利用
・調査地域:首都圏(1都3県)、近畿圏(2府2県)、東海圏(3県)
・調査対象:週1回以上料理をしている30~59歳の子どもと同居している既婚女性 持家(一戸建て・マンションは問わず)
・サンプル設計:合計 1,000サンプル
・調査実施時期:2013年2月8日(金)~10日(日)

その他、詳しいリサーチ内容はネタ元へ
 マイページ TOP