「DIY」への関心度などに関するアンケート調査 

2013年03月18日
ブラック・アンド・デッカーは、新生活シーズンを前に1都2府7県に住む男女3千人を対象に、「DIY」への関心度などに関するアンケート調査を実施。(東京、千葉、埼玉、神奈川、大阪、京都、兵庫、愛知、岐阜、三重)

■女性の半数以上がDIYに関心、4人に1人が今後はじめたい
女性のDIYへの関心層は52%で半数を超えました。「実践している」という層は全体の6%程度ですが、「今後はじめたい」と考えているのは26%でおよそ4人に1人にのぼりました。中でも、女性の30代以下では28%、男性20代以下では37%が「今後はじめたい」と回答するなど、若い世代を中心に関心が高まっている傾向がみられます。

■30代女性の4割が「電動工具を使ったDIY」に関心
電動ドライバーなどの「電動工具を利用したDIY」については、女性の36%が関心があり、特に30代の40%を中心に、40代以下の若い世代での関心度が高くなっています。背景には、DIYへの関心の高まりに加え、小型軽量タイプの電動工具の普及なども考えられます。

■女性の関心の高いジャンルはインテリアの模様替え・装飾
女性が行なっている(行ないたいと考えている)DIYの内容では、「インテリアの模様替え・装飾」が41%で最も多く、男性を16ポイント以上回りました。次いで「ガーデニング」が39%、「クラフト・手芸」が37%、「住まいの修理・メンテナンス」が34%という結果となりました。

■女性はDIYにも実用性重視?
DIYに興味を持つ理由として、女性は「自分でやると節約できる」(51%)「自分好みの家具や雑貨が作りたい」(50%)といった内容が高いのに対し、男性は「ものづくりが好き」(61%)が最も高く女性を14ポイント上回っています。女性はDIYにも実用性を重視する傾向、男性は趣味としてDIYに関心を持つ傾向があると考えられます。

【調査概要】
調査対象: 首都圏及び関西、東海地域の1都2府7県に住む男女
有効回答数: 3000人(男性1500人、女性1500人)
調査時期: 2013年1月30日~2月1日
調査方法: インターネット調査

その他、詳しいリサーチ内容はネタ元へ
リンク先リサーチPDF
 マイページ TOP