2013年 新成人に関する調査 

2013年01月14日
インターネット調査会社のマクロミルは、2013年に成人式を迎える全国の新成人を対象に、「2013年 新成人に関する調査」を実施。調査手法はインターネットリサーチ。調査期間は2012年12月20日(木)~12月21日(金)。有効回答数は500名から得られた。

これからの日本の政治にどの程度期待できるか尋ねたところ、「期待できる(期待できる+どちらかといえば期待できる)」と回答した人は24%となった。一方、「期待できない(期待できない+どちらかといえば期待できない)」と回答した人は76%だった。

「自分の未来」についてどう考えているか尋ねたところ、「明るいと思う(明るいと思う+どちらかといえば明るいと思う)」と回答した人は51%。一方、「暗いと思う(暗いと思う+どちらかといえば暗いと思う)」と回答した人は49%。2012年の調査と比較すると、「明るいと思う(明るいと思う+どちらかといえば、明るいと思う)」と回答した人は14ポイント下降。

友達の人数について尋ねたところ、「10~20人未満」が21%で最も多くなりました。しかし一方で、全体の1割は友達がおらず、友達がいてもその2割には親友がいないという状況から、親密な人間関係構築の困難さがうかがえる。

その他、詳しいリサーチ内容はネタ元へ
 マイページ TOP